雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

医療

医師国家試験の合格率は何と90パーセントらしい

投稿日:2014年11月24日 更新日:

医師国家試験は内科、外科、産婦人科、小児科、公衆衛生学の必修科目と、年によって二科目の選択科目が加わり、八四年までは年に二回、春と秋に行われてきた。年一回になったのは八五年からで、不合格者の救済の意味合いがあった。国家試験の制度は、一九四六(昭和二一)年からGHQの指令によりはじまった。それ以前は大学の医学部や医学の専門学棲を卒業すれば自動的に医師免許が与えられていた。秋を廃止し、加えて行政側の試験に関わる労務を軽滅しようという意図もあっただろう。

・医師免許

免許を持つ者は医者の戸籍ともいえる、医籍に登録されるが、その数はおよそ四〇〇万人以上。年間およそ七〇〇〇人が新たに取得する。医師免許証はB四判の連続用紙に、コンビューターで氏名などが印字されたもの。

・国家試験の内容

合格率は、各年の全国平均で九〇パーセン卜程度となっており、一説によると医大で普通に勉強していれば誰でも合格できるレベルであるらしい。コンピュータによって採点され、問題の正解は公表されていない。マークシートによる選択問題が実施されている。試験問題の出題傾向は、外科、内科などが主体となっている。

最下位合格者の点数が他学部合格者の最高点を上回る

受験戦争のトップクラスで走りつづけてきた彼らの中には、医者になりたいからではなく偏差値が高い人が行く学部だから行くという選択をする人間もいるのである。その背景には、医学部に一人でも多く入学させることがその学校のステータスとなり、以後の生徒募集に大きな力を発揮するという事情があるようだ。

医学部生は、最難関を突破した受験のエリートである。彼らの偏差値は並外れて高い高いがゆえに、高校や予備技の進路指導でキミはどこそこの医学部に入れる力があるから受講なさいといわれて受験し、医学部に入る。一流大医学部では、最下位合格者の点数が他学部合格者の最高点を上回ることがある。成績優秀者に他の予備高から、本校でも受講したとして、私立医大を受けて欲しいという依頼があるのも同じ事情からである。

-医療

執筆者:

関連記事

no image

東大理科Ⅲ類卒の有利な点は医者以外の仕事をめざす場合

東大の大学院を東大卒業生が受けて落ちることはそうないが、これはおそらく英語などの学力が高いからだろう。他大学かどうかより、学力の問題である。だから、わざわざ何年もよけいな時間をかけて東大に入り直すこと …

no image

主任教授とは-問題になることでも起こさない限りクビにならない

一度主任教授になれば、増収賄とか、民事で問題になるような女性問題でも起こさない限り、辞職はまずあり得ない。つまり、まったく仕事をしなくても辞職に追い込まれることはけっしてないらしい。何もしないことがあ …

no image

インフルエンザワクチンの仕組みや製造の難しさ

今のインフルエンザに対するワクチンは、人から分離されたインフルエンザウイルスのうち、次のシーズンに流行しそうなインフルエンザの株をあらかじめ予測して、その予測に基づいて発育鶏卵で作られるようになってい …

no image

インフルエンザの症状は分かりにくいので注意が必要

インフルエンザによってどのような病気になるか、症状などについて述べていきます。 インフルエンザによって、無気力になったり、だるさを感じたり、活動性が落ちる、食欲が低下したりといった症状ができます。 感 …

no image

かなり必見!高額年俸が期待できる医師求人サービス

高学年歩で雇ってもらいたいと考える先生は多いかもしれませんが、高額年俸を稼げるようになるとい思うと、なかなか簡単ではありません。しかし、色々と探せば、高額年俸の施設の求人は見つかります。 もしも高額年 …