雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

医療

医師国家試験に合格させるために行われた犯罪行為

投稿日:2014年11月17日 更新日:

国家試験に落ちた医学部卒業生を対象として、二〇〇万円から四〇〇万円くらいの年間授業料で、翌年の医師国家試験の受験対策を講義する予備校です。予備校というと、ういういしい若者が学ぶ場というイメージがあるかもしれませんが、この医師国家試験予備校は、ふつうに医学部を卒業して二四歳を越えた人たちが通うわけで、中には、何度も国家試験にチャレンジしている、いいおじさんもいるという状況です。

今や高校、中学どころか、小学校や幼稚園までお受験が一般的になり、そのための予備校もできていることはよく知られています。わりに知られていないのが、医師国家試験の予備校がある、ということ。医学部を出てこの予備校に通えるのは、まず間違いなく医者か資産家の子弟で、親から授業料他すべて援助されている身分。

もっとも、偏った詰め込みと暗記だけで合格して、その後、医者としての能力が備わるのだろうか、という若干の疑問は残りますが。それよりも問題なのは、合格率を高くすることに汲々するあまり、絶対にやってはいけない試験問題漏えいにつながる心配もあることです。

歯科医師国家試験で

二〇〇一年には、歯科医師国家試験で、奥羽大学を舞台として試験問題漏えいが発覚し、教授が逮捕されるという事件もありました。この事件では、国家試験の前日に、受験生はあるホテルに泊まり、外部と遮断された密室の中で、出題されそうな問題や関連した情報が書かれた一〇〇枚以上のコピーが配られたといいます。

このコピーを作ったのは各大学の試験対策委員という学生たちで、彼らは六年生の秋から冬にかけて大手の予備校や他大学と情報交換をし、ホテルでファックスを使って情報交換をしていたというのです。

医師国家試験対策だけに特化した請義を受ければ、じきに試験にも合格するという仕組みです。医師国家試験の問題というのは、いろいろな大学の教授が作成します。試験委員といえども人間なので、学内の試験で出す問題とどうしても傾向が似てくるからです。それでも、過去の問題や、試験委員の教授の出題傾向を研究するのであれば、正当な医師国家試験対策だといえるでしょう。そこで、試験委員がいる大学の学生は、傾向と対策を知っているために当然有利になります。

奥羽大学の場合は、この試験対策委員の学生が使っていたノートパソコンが当局に押収され、事件が明かるみになったといいます。犯罪を犯す側は、なんとかウラの抜け道を探そうとするものです。医者の粗製乱造のシステム全体を変えなければ、高額の投資が必要な職業という医師養成システムの歪みはなくならないでしょう。

-医療

執筆者:

関連記事

no image

処方薬を出してもらうことを期待するという傾向

これはある医者がいっていた話ですが、ある女性が胃の調子が悪いというので、胃カメラによる検査などをひと通りおこなってもらったそうです。そして、その結果、胃にはまったく異状がないことがわかりました。よかっ …

no image

医者になりたいなら志望校対策

塾や学校での成績はいいのに、志望校の過去問では、もう一つ成績がよくないとか、帰国子女でTOEFLなどではいい点をとれるのに、志望校の英語の問題がイマイチなどというケースは珍しくない。この手の人は、ほん …

no image

我慢しないで愚痴を言ってストレス発散をすることが大事

怒りなどがたまったときには、どこかでガス抜きをしないと精神的によくない。そのまま畿屈した感情をため込んでいると、心身のバランスを損ねるおそれがある。 友だちに愚痴をきいてもらってすっきりしたそんな経験 …

no image

大変役立つ耳鼻咽喉科の医師が利用したい求人紹介会社

耳鼻咽喉科の求人数はそれほど多くはありません。街を歩くとそこら中に耳鼻咽喉科のクリニックがあるので、医師の求人は多いように感じますが、意外にそれほど奥はありません。 耳鼻咽喉科は、他の科と比べると、ど …

no image

医者は手術の時に雑談を話すというのは本当?

斬刀医はキャリア7年くらいの先輩、アシスタント役は新人の後輩、この二人が手術担当医師でした。患者さんの麻酔が効いて、メスを握るとすぐにしゃべり始めました。学生実習で、ある病院の作科の手術を見学したとき …