雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

ペット

意識をもった動物では知的行動は思考過程を経たある種の自覚をともなう

投稿日:

意識をもたない動物は、行動は脈絡なしに起こり、心理的な自動操縦の結果であるかのように見えるのに対し、意識をもった動物では、知的行動は思考過程を経たある種の自覚をともなう。動物は、内なる意識の目が自分の行動を見張り、言ってみれば心を読みとっているのである。というわけで、意識をもった動物は自分がどのようなものかを知っている。意識をもった動物では、その視覚的刺激は意識的知覚をともない、その情動は意識的感覚をともなう。意識をもつ動物は他者がどのように感じ、特定の状況の中でいかに反応するか想像することもできる。

自己認識によって、また他者の行動の意味も理解しやすくなる。人間や犬、その他の社会性のある動物に期待される、適応性が高く意味の深い行動に豊かな多様性が与えられる。みずからの自己認識と、同じ状況の場合、自分ならどうするかという想像とにもとづいて、他者の内面を現実的に推測することから可能になる。これがプラスに働けば、同情、共感、信頼といった感情移入へ扉を開くことになるが、逆の方向へ向かえば、裏切り、謀叛、欺購などを呼び起こす。

理論が正しいとすれば

理論が正しいとすれば、複雑な社会的相互関係の存在そのものが、動物に意識と知能の両方を認めるあかしとなりうる、といっても差しつかえないのではなかろうか。理論に従えば、有能な社会的動物には知能と意識の両方が欠かせない、ということになる。知能の次元は犬にも明確に認められるものだったが、その他の次元はやや議論の余地がある。それは、音楽的知能である。

この能力では、犬がハーモニーなどの音楽要素を理解したという実例があったとしても、たんに犬がそれに近いことをしたにすぎないだろう。犬が作曲することなど、およそ考えられない。フリースタイルの競技会を見ても、犬とハンドラーが音楽に合わせて動いたりダンスをしても、犬が実際に音楽そのものと調子を合わせているようには見えない。彼らはハンドラーと一緒に、人間の動きに合わせて動いているだけで、みずからリズムに反応しているわけではない。ダンスをしているように見えるのは、人間が音楽に合わせて動いているためである。

-ペット

執筆者:

関連記事

no image

犬の訓練に関する本について

犬の訓練に関する本。本の中では犬種による差について触れていなくても、講演会やふだんの会話では、犬種によって知能程度に差があることを認める発言が飛び出す場合もある。動物訓練が専門で、動物行動学に精通した …

no image

ペットマンションの開発に特化した専業会社

ペットの習性に基づいた設計共生型への流れに乗って、近年はペットマンション開発に特化した専業会社も何社か生まれてきました。その一社が東京都港区のある企業です。関係者によると、同社が開発したペットマンショ …

no image

犬の操作能力および問題解決のテスト

・操作能力および問題解決のテスト 低すぎて犬が頭をつっ込むことはできないが、前足をその下に入れることはできる、という程度の高さのテーブル状のものを用意する。本を二、三冊ずつ離して積み重ね、その上に大判 …

no image

犬の散歩のしつけや吠える場合などの対処

必ずリードをつける。リードは張らないようにし、飼い主に寄り添って歩くリーダーウォークを基本に、ほかの犬とすれ違っても、落ち着いていられるようにしつける。吠えたり近づこうとして引っ張ったら、座らせて制御 …

no image

動物に魂はあるのかという問題

動物に魂があるとする見方は、多くの問題を引き起こした。愛犬(あるいは愛猫)が天国に行くことは認められても、ウシ、ブタ、ハエ、クモまでが最後の審判を受けるというのは、教会の教義の枠をはずれていた。犬は毛 …