雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

医療

医師過剰時代-大学病院の勤務医も町医者もあふれんばかり-用語集

投稿日:2014年11月23日 更新日:

・医は算術

最近は、医は算術と言い換えられてしまい、金儲け主義の医者が増えてきた。そうなった理由は、大昔の医者はあまり儲からなかったので、世のため人のために医者になる人が多かかったが、最近の医者はまあまあ備かるので、それが第一目標となってしまったわけだ。大昔は医は仁術といって、金儲けは度外視して、患者のために尽くす医者が多かった。

・医師過剰

町医者は、患者が医者を選ぶので、評判の悪い病院はつぶれてしまう。大学病院では、定員数よりも多くの医者が勤務している場合は、給与をもらえない医者が出てくる。現在は医師過剰の時代であり、大学病院の勤務医も町医者もあふれんばかりである。だが、これだけの医師過剰時代でありながら、無医村はやはり無医村なのである。患者が少なくて儲からないし、生活も不便だという理由で、誰も行きたがらないのだ。

・医療ミス

注射したところが腫れた、消毒不足のためバイ菌が入った、薬の量が少なかったので治るのが遅れたなど。こういう極端な医療ミスは滅多に起こらないが、細かいミスはしょっちゅう起こる。患者を取り違えたため、健康な肺を手術で取ってしまった等の医療ミスが、時たま報道されている。あまり大事には至らない場合、問題にされない。

医薬分業

・医薬分業

診療所にとっては、院内処方よりも院外処方の方が儲からないので、医薬分業に渋っていた。厚生省が医薬分業を指導したため、最近では診療所の外の薬局で薬を出している。以前は、診療所で薬を出していた。そこに薬局が目をつけ、診療所の損失の大半を補填するという条件で、診療所のすぐ近くに次々と開店していったようだ。

・医原性

このコトバを患者の前で使うことはあまりないが、もしどうしても必要ならば、医者しか分からないように、英語でイアトロジェニックと言う。たとえば、検査・治療・薬剤・手術による副作用や身体障害などである。医療行為が原因となって、何かまずい事態が起こったこと。そうなる可能性が予期されるし、不可抗力の場合もある点で、医療ミスとは異なる。しかし、中には、自分の医療ミスを棚に上げて、医原性だ。医原性だと言っている医者もいる。

-医療

執筆者:

関連記事

no image

マインドコントロールとは何か?その例や特徴

マインド・コントロールという言葉がカルトなどと結びつけられることが多い。しかし、以前は自分自身の気持ちを前向きにもっていくことなども、マインド・コントロールと呼ばれていた。 ネガティブな意味で使われる …

no image

必見!女性医師におすすめの転職支援サービス

日本にはたくさんの女性医師がいらっしゃいますが、多くの女性医師が、ご自分の希望を実現できていない現状があります。出産、子育てなどで、仕事と両立を指せるのが困難になることがよくあり、出産や子育てのために …

no image

大学医局-医療の改革、最先端研究とは関係ないレベルにいる

日本の医学部にいる医者の多くは、保守的で現状に満足し、医療の改革とか最先端研究とはいっさい関係のないレベルにいるのではないだろうかという。本当に挑戦的でやる気があり、世界で通用する能力のある医者は研修 …

no image

おまかせ医療から患者さんの自己決定医療へと変換

最近、薬のシートの薬品名の箇所(俗にフチという)の記載が、アルファベットからカタカナに変わりつつあります。とてもよいことであると感じています。しかし、いまだに一部の医療機関ではフチ切りといって患者さん …

no image

医療従事者数が増えすぎることで起こるデメリット

医者は増えすぎて余る傾向があることは問題です。厚生者は一九九四年の時点で、二〇二五年には約二万六〇〇〇人の医者が過剰になると試算の結果、予測しています。毎年約八〇〇〇人が国家試験に合格し、廃業したり死 …