雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

保険

医師会年金のドクター向けの諸制度

投稿日:

医師への生命保険提案においては利回りだけでの提案は難しく、あくまでも生命保険としての保障を中心に、医療法人には理事長勇退退職金準備、医療法人承継対策として生命保険を提案していくことになります。

医師会年金など全国規模あるいは地域単位で、ドクター向けの諸制度がありますので、事前に調べておきましょう。

医師会年金は、一時払いは特に高利回りで、50万円を一時払いした場合、5年後の脱退一時金は51万8,300円(0.732%)、10年後の脱退一時金は54万9,300円(0.986%)になります。

医師会年金は、定期預金(5年0.60%、10年0.80%)あるいは一時払終身保険(5年0.34%、10年0.69%)よりも高利回りとなっていますから、多くのドクターは、資金に余裕ができるとこの「保険医年金」に一時払いで加入しているようです。

ドクターの多くは、家業として代々医者を営んでいる例が多く、ドクター自身も子弟を医学部に進学させることを希望しています。このため、貯蓄志向が特に強くなるわけですが、逆に開業間もないドクターの場合は、開業時の借入金返済資金対策と合わせて遺族の生活費確保、遺児の医学部進学資金対策として高額の生命保険に加入しています。

医師はフローリッチ

医師は資産家ですから、高額な自宅、別荘、ゴルフ会員権などを所有する一方で、高額な医療機器をリースで使っています。リース=債務ですから、高額な債務者という一面も忘れてはなりません。

資産家には「フローリッチ」「ストックリッチ」「スーパーリッチ」の3種類があります。「フローリッチ」とはベンチャー企業のオーナーや医師などで、「ストックリッチ」とはそのものずばり不動産所有者を指します。

医師は基本的に「フローリッチ」ですが、やがて不動産等を所有することになり、収入も不動産なども多い「スーパーリッチ」となります。そのため、一人医師医療法人の設立など節税にも熱心であり、医師は相続対策への関心も強くなります。

-保険

執筆者:

関連記事

no image

生命保険の仕組み-お金の不足を補うための契約

保険はお金の不足を補うための契約です。保険の起源はもともと、船の積荷が略奪されたときのためでした。その補償とは、もし船が襲われてしまい、積荷を失ってしまったら、その損害額を補償しましょうというものでし …

no image

保険についてお客様が知らなさすぎるという問題

お客様は保険について知らなさ過ぎます。おそらく知らないという自覚はあるのでしょう。また知らないと、保険会社に好きなようにお金を払わされてしまうことも、薄々わかってはいるのでしょう。しかし、では、どうす …

no image

保険の支払い総額をちゃんと知っておこう

生命保険の設計書のいちばん下の部分には、非常に細かい文字で、実に大切なことが書かれています。ほかの設計書でもほとんどが小さい文字になっていますから、細心の注意が必要です。 設計書に記載しないケースや、 …

no image

支出のバランスが大切-早死にしても誰も喜ばない

親が死亡して死亡保険金を分割するような場合も、均等でなければお兄ちゃんのお菓子の方が大きいというように、相続が兄弟姉妹の亀裂の始まりとなることは、珍しいことではない。 生命保険金の受取りの場合も、受取 …

no image

ハーフタックスプラン養老保険が関心を集めている理由

中退共への移行について、踏躍するのは、中小企業の社長ばかりではありません。従来から中退共に加入していた中小企業の中には、解約を検討しているケースもあると聞きます(解約した場合は一時所得となります)。 …