雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

医療

医者不足とよくいわれているが本当のところはどうなのか

投稿日:2014年11月20日 更新日:

最近のある統計によれば、成績の最も優秀な者が必ずしも東大の医学部に進んでいるわけではないようだ。受験生にも医学部の状況が次第に理解できるようになったのか、あるいは医者自体への魅力の減少があるのかもしれない。医者が儲からない状況がもうすでに起きているが、まだ一般のサラリーマンに比べれば給料はいいのかもしれない。しかし、大学病院の勤務医で一生を終えるなら、エリートサラリーマンのほうが圧倒的に収入は上になる。

医学研究をする頭脳を十分生かせるシステムができないとすれば、たぶん医者が過剰になったとき大きな変革が訪れるだろう。そういう意味でも、本当にオリジナリティーを持つ人は医学部へ行くべきではないように思う。それ以外の学問のほうが、かえって医学に貢献する可能性が高いからだ。

一部の過疎地では医者はそれでも足りないという読みもあるようだが、都会では医者余りは確実に起きてくるといわれている。医学部の学生が一人前になった頃、医者はあふれ、医療をできない医者が現実味を帯びてくるかもしれない。それでは優秀な頭脳をそこへ送り込んでも、何の役にも立たない。現にアメリカでは優秀な頭脳は弁護士をめざす、それは弁護士のほうが収入が上だという意味もあろう。

医学部だけで手に負えるようなものではない

また、医学研究はもはや医学部だけで手に負えるようなものではなくなってきているという。遺伝子工学、大脳生理学など、みな医学部以外の研究で大きな発見があり、それが医学の進歩につながっている。現状の医学部では、いままでにない有能な人間の能力を十分に生かせるシステムにはなっていない。

日本では有能な人間が医学部へ行くことは、日本の頭脳を生かすという意味でも実にもったいないことである。もっと基礎的学問に彼らの頭脳を生かすべきではないだろうか。年功序列、学問、主任教授への権力の集中など、そんながんじがらめの医局のなかで、自由な発想を持った研究者は育ちにくい環境にあるようだ。

一般病院での医者の平均的年収は、昔の二千万から千五百万前後と明らかに下がっている。昔が高給すぎたかもしれないが、物価のことも考えれば、医者が特別儲かる仕事でなくなってきていることはたしかである。さらに将来には医者は完全に余ってくるらしいから、そうなれば医者の失業時代である。

-医療

執筆者:

関連記事

no image

これは必見!夜診の先生が見ておくべき転職支援サービスとは?

夜診の求人を探す場合、すぐに見つからない時があります。そんな時には、医師転職ドットコムやエムスリーキャリアなどの大手キャリアで探すとすぐに見つかります。 医師転職ドットコムでは、常時4万件くらいの求人 …

no image

インフルエンザ生ワクチンの特徴

生きたウイルスを用いて作る、生ワクチンというワクチンがあります。インフルエンザワクチンには、生ワクチンと不活化ワクチンとがあります。 従来の注射によるワクチン接種は、不活化ワクチンのほうです。不活化ワ …

no image

外国の病院の年間手術件数のスタンダードは一〇〇件

経験が多いほうがトラブルの経験も多くなるので、その対処が容易になるというメリットがある。規定外のことが起こりにくくなる。心臓手術に限らず、手術件数が多い病院で難しい手術を受けるのは患者さんにとっていい …

no image

さまざまな難しい皮膚科の病気を専門に診る病院をつくれば

日本には皮膚科の大きな専門病院がない。勤めている優秀な皮膚科の医者を、五年のうち一年くらいは、いろいろな地方に出向させるということができれば、皮膚科医の少ない地方の医者不足が解消されるであろう。もちろ …

no image

パニック障害とは?症状や治療方法は?

パニック障害は、突然起こる病気です。普通に生活していて、何の前触れもなく突然苦しくなります。 あまりの息苦しさにこのまま死んでしまうのではとの恐怖にかられ、倒れてしまいます。 ある日、突然、動惇が激し …