雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

医療

医師不足の原因-大学病院へ行けば相変わらず外来は混んでいる

投稿日:2014年11月20日 更新日:

大学病院へ行けば、相変わらず外来は混んでいるし、いっこうに待ち時間は減らない。たしかに現場では、いまのところまだ医者が足りない。本当に医者は足りないのだろうか。しかし、医者が世に送り出されながら、どうも充足された感じがしないのは、どういうことなのだろうか。

ここに大きな落とし穴がある。開業医であれば、一週間フルに働くのは当たり前であるだから、大学病院で医者が増えても外来は混んでいるのだ。その医者をもっと臨床へ向けることができれば、医者が足りないなどということはないはずだし、外来の診察室の数の問題もあるが、もう少し混雑は緩和できるかもしれない。

優秀な医者が生まれる大学の定員は残し、他は削減したほうが、医療を受ける側にしてみればいいはずだ。昔に書かれた医学部入試についてふれている本には、医者は将来余ると予想されているが、そんなことはない。医者になって七、八年くらい経過した者は、研究中心の生活を始める。医者が足りないのではなく、研究至上主義のために、大学病院では臨床をやっている時間が少ないのだ。内科であれば外来半日を一回とすれば、一週間に行なっている外来診療は二から三回というところだ。それ以外は教育と研究に追われる。

医学が進歩し専門分野はどんどん広がり、医者はそれぞれの専門分野へ進むために、医者は将来も足りないのだというようなことが書かれている。この予測は大きくはずれた。医学部へ進むことは、人生がバラ色のように見えていた時代があったというのが正しいのだろう。

私立医大の建学の精神

臨床軽視は明治から官立系医学部が行なってきたことのようだ。研究こそ医学というスタイルに反発し、当時の高木兼寛が慈恵会医科大学を作り、北里柴三郎が福沢諭吉の接助を受けて、慶応大学医学部を作った。その目的は臨床重視の医学部を作ることであった。私立医大の建学の精神には、よき臨床医ということが謳われている。しかし、実際にはどうだろうか。

建学の精神のよき臨床医は、実にむなしいお題目になりさがってしまったといっていいようだ。ひたすら論文の数を稼ぐという方法でしか医者を評価しない、国立系大学医学部と同じ状況になっているという。新設医大も同じように臨床中心の医学教育であったはずが、現在では、研究至上主義になっているのはなぜだろうか。簡単にいえば、教授が国立系であり、看板は私立でも内部は官立であり、既設の私立医大とはだいぶ状況が違うようだ。

三十年以上経ったいま、よき臨床医は新設医大から生み出されたのであろうか。研究機関としての存在意義を考えるなら、新設医大はもう必要がないというのが本当のところであるようだ。

-医療

執筆者:

関連記事

no image

医療事故の事例-強く印象に残っている1999年の出来事

医療ミス事件で、強く印象に残っている事件では、一九九九年の都立広尾病院の誤薬点滴事件があります。都立広尾病院は明治二八年に開院した名門病院として、高い信頼度を誇っていました。ところが、この名門病院で、 …

no image

要チェック!呼吸器内科の求人を見つけたいなら登録したいサイト

呼吸器内科医のニーズは高まってきています。ガンは日本人の死因の1位となっていますが、肺がんでお亡くなりになられる患者さんが多く、ガンの中でも、肺がんでお亡くなりになられる件数が一番多いそうです。また、 …

no image

咽頭がんはリンパ節転移を高率に伴っている

咽頭部は医学的に、上咽頭(鼻咽頭)、中咽頭、下咽頭の三つの部位に分けられる。下咽頭はのどから食道の入り口までの部位である。 中咽頭は口を開けたときに見えるのどの部位。そして、上咽頭は鼻の奥の部位で頭蓋 …

no image

腕のいい医者は県立や市立などの関連病院にいる

開業医は先端医療こそおこないませんが、大学病院の医者よりひょっとしたら責任が重いかもしれません。ときには、診察よりもお年寄りのグチの聞き役になったりします。とくに地方都市で医院を構えていると、内科をは …

no image

病院患者同時でイジメが行われることもあるので注意

偶然、病室が同じになっただけの縁です。仲よくなれる人もいれば、気が合わない人もいて当然。入院生活は、一日じゅうパジャマかトレーニングウエアで過ごします。広い特別室にいる超お金持ちの患者さんは、明らかに …