雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

医療

医者の付け届けの相場を知らない人へイタズラをした話

投稿日:2015年4月13日 更新日:

U氏は広告代理店に勤める41歳。明るくて茶目っ気たっぷりのキャラクターだが、仕事のムリがたたって、十二指腸潰瘍を患ってしまった。やむなく自宅近くの市中病院に入院し、手術を受けた。病気のことや仕事のことを面白おかしく語るU氏のまわりには、いつも人の輪ができていた。同じ病室にいる、大腸ポリープで入院したG氏。こちらも話し好きではあるのだが若い頃は月に一度はヨーロッパに買いつけに行っていた時計は10個以上持っているといった自慢話か、嫁は気がきかない〇〇のウナギはまずくなったなどという文句ばかり、くどくど繰り返すものだからたまらない。

大手百貨店の経理部にいただけあって、服装身だしなみはさすがにこぎれいだが、どうも6人部屋の、他の患者になじめない。逆に、話し上手なU氏は、病院内でも人気者。さいわい術後の経過もよく、来週末には退院を控えている。医者や看護婦でさえも、暇さえあればU氏の病室に顔を出すほどである。だが、G氏にほうは煙たがられてだれも相手にしなくなった。面白くないのはG氏である。看護婦や医師も検温や巡回以外は寄りつかない。

おもむろに口を開いた

どうしてあいつばっかりモテるのかと、常にU氏をねたみと羨望の入り交じったまなざしでみつめていた。あるとき、偶然病室でU氏と2人チャンスとばかり、おもむろに口を開いた。きみは、ずいぶん医者たちに人気があるようだが、いくら包んだのかね?U氏は一瞬意味がわからず黙っていたが、もちろんU氏は、医者へのつけ届けなどしていない。相手が重ねて私は2万だがとつぶやいたのを聞き、ようやく合点がいった。

だがこういう手合いと、マトモに話し合おうとしてもムダである。そこでイタズラ心をおこしたU氏は、冷やかな目でG氏を見つめた。えっ、2万、ですか?それを聞いたG氏、思わず顔を赤らめた。以来G氏は、相場を知らなかったとすっかり自信をなくしている。口には出さないものの、2万じゃ足りなかったのかと考えているのは明らった。ちょっとやりすぎたかなそんな彼を見るにつけ、とU氏の心はちょっびり痛むのであった。

-医療

執筆者:

関連記事

no image

医者は手術の時に雑談を話すというのは本当?

斬刀医はキャリア7年くらいの先輩、アシスタント役は新人の後輩、この二人が手術担当医師でした。患者さんの麻酔が効いて、メスを握るとすぐにしゃべり始めました。学生実習で、ある病院の作科の手術を見学したとき …

no image

医学部の学生寮に謎の縫合

これから6年間、親のスネをかじって、地方で下宿生活を送らねばならないので、とても豪華マンションに独りで暮らすというわけにはいかない。授業料は格安とはいえ、彼の家は決して裕福ではないS君。つらく苦しい浪 …

no image

筋肉の重要性と病気の関係

人間にとって、筋肉は非常に大事な存在です。人間は全身に400種類あまりの筋肉があります。それを大きく分けると3種類です。 ・心筋 心筋は、一生涯、私たちの心臓を動かし続ける重要な筋肉です。これが止まる …

no image

脳神経外科の先生必見の求人紹介サービスをご紹介

脳神経外科は、医師数が少ない分野です。脳神経外科の必要医師数は、何と1000人も不足していると言われています。ただでさえ、2004年のスーパーローテート以降、外科志望の若手医師の数が減っている中、脳神 …

no image

犯罪者と心神喪失や心神耗弱

そんなことをした覚えはない記憶がないなどと、凶悪犯罪の容疑者として逮捕された人物が、主張することがある。 精神の障害により判断力が乏しくなっている状態。心神耗弱は、心神喪失よりも軽い。自分の行為がもた …