雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

医療

女医の当直室での過ごし方

投稿日:2014年11月10日 更新日:

当直の勤務は本当に大変です。緊張感を保つということは、本当に大変なことのようです。リラックスはできない。急に具合の悪くなった患者さんは、診察しなければなりません。原則として病院からは外出してはいけません。

具合の悪い患者さんや、深夜に運ばれる患者さんが多くて、一睡もできなかった翌日でも、普段の勤務が待っています。医者の当直には当直明けの休日は存在しません。

女医の当直の過ごし方

女医の当直室での過ごし方は、まずマッサージクリームや顔のパック剤を持ち込んで、お肌の手入れをします。バームクーへンやチョコレートもバッグから取り出して食べ始める。駅のキヨスクでファッション誌や週刊誌を買ってきているので、それを丁寧に読む。飽きるとテレビをつけたり、ベッドでゴロゴロしたり、まさに三食昼寝付き。

また、ある女医が病院の当直に行ったとき、前日から泊まっていた当直医は、到着すると、あとはよろしくお願いしますねと帰って行った。たとえば、病院の当直室。医者の世界で見る、男性の生活の実態にはビックリすることもたくさんあるようです。

連休だったせいで、お掃除のオバさんがいなかった。さて、その女医は恥ずかしくなりました。当直室には、シーツと枕カバーが数枚積まれていて、自由に取り替えてくださいということだが、なぜなら、あまりにも生々しい生活の実態がそこには残っていたからです。

目に付いたモノは、まず三つあったようだ。その当直室は3畳ほどの部屋で、壁ぎわにベッドがあり、反対の壁には木製の古い勉強机がありました。カップ麺の残骸は、カップにスープが残っていて割り箸が突っ込んである。銀色のアルミ製の灰皿には吸い殻がいっぱいで、底の部分は隠れきって見えなくなっている。

その女医はもろに男の暇つぶしを目撃したことになります。それでお金をもらえるなんて、ズルイと思う人もいるでしょう。でも、こんな感じでも、つららいことはたくさんあるようです。

-医療

執筆者:

関連記事

no image

医師が学会のために休診となっても怒ってはいけません

学会とは、検査方法や治療方法の検討など、臨床的な報告も含めて、広い意味での研究成果を提示するところです。簡単にいうと、研究の発表会です。学会という言葉はよく聞くけど、いったい何をしているところなのか不 …

no image

アレルギー性鼻炎の症状は?原因は?薬で治らない?手術は?

アレルギー性鼻炎は、風邪をひいていないのに、鼻水やくしゃみがひどくなる症状が出る鼻炎です。 アレルギー性鼻炎は、1年中症状が出るタイプと、ある季節だけ症状が出るタイプがあります。 1年中症状が出るタイ …

no image

がんの手術療法の中で食道がんの手術は最も手術関連死の頻度が高い疾患

現在のがんの手術療法の中で食道がんの手術は最も手術関連死の頻度が高い疾患である。食道がんの治療は日本では一般的に外科治療が優先されている。 がん治療では個別の治療法の巧い下手ばかりでなく、医者との出会 …

no image

病院の診療科について-何を専門にしているのか分かりにくい

専門と思われる診療科について触れましょう。一般の方にとって、診療科名を読んだだけでは何を専門にしているのか、また診療科によっては区別がつきにくいものも混じっています。すでに標接科として認められている診 …

no image

大病院は小さな病院よりも医療の質が高いとは限らない

大病院に患者が集まる理由は、 ・若手からベテランまで専門医がそろっている。 ・科目数が多い。 ・設備が充実している。 ・医療技術レベルが高い。 というところでしょう。 けれども、上記の4つの理由の中に …