雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

医療

医師国家試験は実はそんなに難しくないという意見もある

投稿日:2014年11月14日 更新日:

国家試験をパスしないと医者になれないわけだが、この国家試験は実はそんなに難しくないという。大学時代にちゃんと勉強していれば、すんなり合格するような基本的な問題ばかりのようだ。ところがこの試験に落ちるの人も多い。遊ぶ時間を削ってやっとの思いで医学部に入っても、授業の出欠はうるさいし、レポートや実験などで追いたてられる。ほかの学部とは比較にならない忙しさのようだ。

昔、明治大学のある教授が数百人の学生に単位をやらず、卒業させなかったという事件が話題になったことがあった。国公立大では、毎年二~三人程度、卒業したらまったく別の職業に就く人がいる。医学部といっても、全員が医者になるとは限らない。ところが、レベルの低い私大に限って全員が医者になることを希望するようだ。

以前は、合格率五〇パーセントという大学もあったが、それではあまりにも大学のイメージが悪くなるということで、最近では国家試験対策を充実させており、どんなに悪くても六〇パーセント以下の合格率のところはなくなった。合格率トップの東京医科歯科大が九八.九パーセントなのと比べると雲泥の差である。

高い金を払い続けたのだから

試験の傾向が変わったので、この結果でいい大学かそうでないかということを断じるわけにはいかないが、合格率の低い大学は例年変わらないようだ。

高い金を払い続けたのだから、いくら当人が医者に向いていないと思っても、親にとっては途中でやめるなんてことは許されないのだ。そういう人は親からさんざん、医者になれ。そうすれば社会的地位も収入も保証されるとケツを叩かれてきたのだろう。レベルが低い大学というのは、入学しやすいということがひとつだが、それ以上に、国家試験の合格率が低いということも特徴。

要は医学や医療に対する本人の心構えということのようだ。だいたい合格率七〇パーセントなんて、想像できないという。三人に一人は遊んでいたってことになる。戦前などは、医学の専門学校で二~三年学んだあとで町医者について修業し、立派な開業医となって活躍していた。医者は人の命を預かる職業。仮にも医者を志した者が生半可な勉強をしてもらっちゃ困るという意見も多いようだ。

-医療

執筆者:

関連記事

Dr.アルなびの口コミ

Dr.アルなびは、非常勤や単発アルバイトなどの求人を見つけることができるサービスです。Dr.アルなび以外にも、Dr.転職なびというサービスも運営しています。 そんなDr.アルなびの口コミを紹介していこ …

no image

良性腫瘍とは?医師がごまかすために使うことが多いといわれる

・良性腫瘍 医者からガン告知をされていなくても、たいていの患者は手術を受けた時点で、自分がガンだと気づく。病院にもよるが、患者にガンであることを告知する割合はだいたい3割くらいだ。あとの7割は、良性腫 …

no image

いい病院に就職できるチャンスは小さいものに

いい病院に勤めることのできるチャンスや、とくにその病院で医長や部長に昇進するチャンスは、今はどんどん小さなものになっているようである。ひとつは、地方の医者不足である。田舎の病院で勤務したがる医者はたし …

no image

自分とは何なのかと問いに答えは見出せない

青年期には自分とは何なのかと問い直し、思い悩んだりする。しかし、そこに答えはない。答えを見出せないまま、大人になり、毎日の忙しい仕事の中で、自分とは何なのかと問いすら考えなくなっていく。 子供が大人に …

no image

痔で入院した患者たちの上下関係

成人の3人に1人がかかるという痔。なんと、虫歯に次いで日本人の病気の第2位の座を獲得しているのだが、場所が場所だけに、なかなか人前で口にできる病気ではない。それだけに、ひとたび同じ病気の者が集まると、 …