雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

医療

医療ミスの民事訴訟の問題

投稿日:2015年10月5日 更新日:

死がからむような重要なケースは、まず担ぎ込まれないし、担ぎ込まれても大きな病院に送ればいいだけの話。しかし、ほとんどの勤務医にとっては、事故調は脅威になる。医師会に入っている勤務医は、即刻、医師会を辞めたほうがいい。

病院で「死因がはっきりしない」死をなくそうとしたら、技術レベルが低いと自分で思っている医者(もちろん若手のトレーニング中の医者も含む)は手術や救急措置をますますやらなくなるだろう。ベテランだって逮捕される危険を冒してまで難度の高い手術をやりたがらなくなるのではないか?そうすれば医療崩壊がさらに進むだけだ。

民事だと、証拠はうやむやにされるし、証拠の改ざんもされる可能性がある。さらに証言をしてくれる医者がろくにいないために、患者さんが泣き寝入りになることが多く、十分な補償が得られない。これはなんとかしてほしいものである。

医療ミスを疑う家族が民事裁判を行う際に、十分な相談ができ、証拠保全の強制権を持ち、証言や中立的な鑑定をしてくれる医者を紹介してくれる現実的な医療事故の調査機関のほうが、医師にも患者さんにもはるかにメリットがあると考える。

ミスがないのに訴えるような人は

ミスがないのに訴えるような人は訴訟マニアであったり、クレーマーのような人とも考えられるが、一つ考えないといけないのは、医師側と患者さん側のコミュニケーションの行き違いのケースがかなりある。コミュニケーションのやり方を間違うと、大きな問題が起こることもある。

刑事事件にすると、医療崩壊は進むし、患者さんも金銭的な補償に直接つながらない。これは双方にとってデメリットのはずだ。いい加減な事故調より、患者さんのためになる医療ミスの相談調査機関をきちんとつくるべきだろう。

他方、刑事になると証拠は強制捜査できるし、警察に頼まれれば検察側の証言を断る医者はほとんどいないし、医者は密室で、弁護士もつかないまま、警察署の中で取り調べを受ける。これを代用監獄という。先進国では取り調べは警察署の中でなく拘置所で行われるし、弁護士も取調官も両方がついている。この状況から改善しないと免罪はなくならない。だから刑事で訴えたくなる気持ちはわからなくはない。

-医療

執筆者:

関連記事

no image

ホルモン療法や化学療法の効果が期待できるのは半数以下

がんの痛みに対して最も有効な治療法に放射線治療がある。一般の人にはあまり知られていないが。 神経症状の快復も期待でき、生活の質は向上する。しびれや麻庫などの神経症状も早期に照射する。 薬により胃部不快 …

no image

娘にどんな教育方法を医者たちはしているのか

結婚間近のMさんが、鎖骨を痛めて入院した。原因はゴルフのやりすぎである。もともとMさんはあまりゴルフが得意ではないが、婚約者のY子さんの父親が無類のゴルフ好きで、毎週のように誘ってきたせいだ。医者の娘 …

no image

研修医は日雇いの扱いなので休むと給料はもらえない

体を壊したときの保障がない。原則的に研修医は日雇いの扱いなので、休むと給料はもらえない。また、正社員の扱いではなく、アルバイトの扱いなので、病院の健康保険に入れない。個人で国民健康保険に加入する(今は …

no image

日本の名医と呼ばれる人の条件-多少の演技が必要

名医の条件とは何か。まず挙げられるのは、演技がうまい医者でしょう。現代社会では、医者もクライアントである患者に医療というサービスを提供するサービス業です。商店街の店と同じように、クライアントににこやか …

no image

医療ミスの鑑定は有能な医師の存在なしには成り立たない

さまざまな医療ミス事件の報道があったことを契機に、二〇〇〇年に厚生省が診療関連死を警察に届け出るように指導を行った。それによって医療者から警察の届け出が急増したのだが、それに伴って刑事立件が急増した。 …