雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

医療

医療ミスの鑑定は有能な医師の存在なしには成り立たない

投稿日:2015年10月2日 更新日:

さまざまな医療ミス事件の報道があったことを契機に、二〇〇〇年に厚生省が診療関連死を警察に届け出るように指導を行った。それによって医療者から警察の届け出が急増したのだが、それに伴って刑事立件が急増した。

二〇〇五年について見ると、届け出一七七件に対して、九一件が刑事立件されている。事故調ができるとさらに届け出が増え、立件が増えることになるのは間違いないだろう。

刑事罰がからむと、医師は過失をより認めたがらなくなるだろうし、過失がなければ補償が得られないということならば、その後の患者さんやその患者さんの家族の生活に大きな支障が出ることになりかねない。

医療ミスでもないのに、患者さんが亡くなったことに感情的になっている患者さんの家族が訴えた際に、事故調に報告がいっていないと処罰の対象になりかねない。これは大変なことである。

刑事罰は、一部の患者さんにとっては、医者をとっちめてやった感じになるかもしれないが、本当に意味があるのは民事訴訟で、患者さんが納得できる賠償が得られることだろう。とくに後遺障害が出た場合は、医師の過失があろうがなかろうが、金銭的補償の意味は大きい。

医療ミスの鑑定は

マンパワーの問題だってクリアされていない。医療ミスの鑑定は、やはり有能な医師の存在なしには成り立たない。診療関連死を全例ということであれば、相当な数で、しかも専従の鑑定医が必要だ。そうでなくても医師不足が問題になっている地方で、このようなことが可能であるとは思えない。

また、事故調案が出てから、臨床研究まで妻縮することになった。東大医科研の上昌広准教授の報告では、二〇〇七年から日本における副作用や合併症の症例報告が激減している。

自分がかかわったことを告白して、やぶへびになりたくないという医師の心理が働いているのだろう。原因究明のためにつくるという触れ込みになっているが、やはり逆効果になっている。これはあまりよくないと思う。

スタッフ不足のなか、いい加減な鑑定機関になるのであれば、現場の医師を不安にするだけの、厚生労働省の単なる天下り機関になるだけだ。単に厚生労働省の役人が、社保庁がつぶれることを見越して天下り機関をつくったと見ている。

-医療

執筆者:

関連記事

no image

ドミノ移植は新しい治療法として賞賛されていた

病気腎移植は人目を忍ぶように内緒で行われていた。そして、発覚した途端にマスコミから嵐のような非難を浴びることになった。一方のドミノ移植は堂々と記者会見をし、むしろ新しい治療法として賞賛されていた。 二 …

no image

医療機器が充実している病院の医師求人を探しているなら

医療機器が充実した病院に勤務したい医師の先生は多くいらっしゃると思います。医療機器が充実していると、危険な手術を成功へ導く可能性が高まりますし、医療機器が充実している病院へ勤務してみたいと思うかもしれ …

no image

マイコプラズマ肺炎をトリコモナス肺炎!?恥ずかしい間違い話

小学生ぐらいの子どもを持つ親ならだれでも知っているのがマイコプラズマ肺炎。最近、病名には横文字のものが多い。おまけに、長くて覚えにくく、ともすると一体なんの病気なのかよくわからないものがずい分増えてき …

no image

米国では男性の前立腺がんは患者数も死亡者数もトップ

米国では男性のがんのうち、前立腺がんは患者数も死亡者数もトップである。前立腺がんの発生頻度は年々増加し、この二〇年間で三倍となっている。 前立腺がんは、年間二〇万人が羅患し、男性のがんの約三〇%を占め …

no image

虚偽性障害 ミュンヒハウゼン症候群とは?特徴や原因

虚偽性障害は、幻覚や抑うつのような心理的なものと身体的な症状がある。病気をでっちあげたりする虚偽性障害を、ミュンヒハウゼン症候群という。 幼い頃、風邪でもないのに熱っぽいと訴えたりした人もいるのではな …