雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

医療

医療システムなどの内容を大学病院が公開しない訳

投稿日:2014年11月20日 更新日:

医療はブラックボックスであり、医療経済学、病院管理学、臨床医学、基礎医学などなどそれぞれの専門家はたくさんいるが、医療全般を知る人間はいないのが現状ではないだろうかという。

医療を受ける側が、自分の病気、家族の病気の治療に関して、選択するようになってきた。大きく医療の政策を変換せざるを得なくなってきているにもかかわらず、いまだに情報公開ができずにいる。国立系大学の医学部は研究至上主義であることには変わりない。大学病院ほど良い評価になってしまうのは当然である。

大学病院も医師国家試験の合格率でしか評価のしようがないために、見かけ上は既存の大学病院も新設の大学病院も同じように扱ってきた。医療の質の変化、ガンの治療、介護の問題などが出てきて、患者や家族の要求は医療に質を求めたり、介護支援を求めるようになった。あまりに医療というものが大きくなり、全体像をなかなかっかみきれなくなった。

いくら優秀な医療経済学者であっても

いくら優秀な医療経済学者であっても、特別養護老人ホームのお年寄りがどんな生活をしているか知るよしもないし、医学部の教授であっても、病院の経営となればまったくの素人であるという。ましてや一般の人が大学病院を知ろうとすると、ほとんど方法がないというのが現状である。医療の情報をあまり出さないで、平等性を打ち出し、開業医中心の医療政策を行なってきたからだ。そのほうが感染症などの病気を治療するには有効であると考えたのだろう。その陰には国が行なってきた医療政策があった。

さすがに最近では病院ランキングなどの本が出ているので、どの大学病院がどんな医療が得意なのかは、それらの本で調べればある程度のことがわかる。しかし、そういった本の判断基準ですら医学論文に基づいているようだ。病院の評価を、そこで書かれた論文だけで行なうことは、医療を誤った方向から見てしまいかねない危険がある。論文が数多く出されていることが、臨床的に優れているいからだ。

-医療

執筆者:

関連記事

no image

大学病院から赴任してきた医師の手術の腕前やいかに!?

週に一度、学位論文のまとめに大学へ行くときに顔を合わす程度だった。やはり、医師が自分の研究を進めるには、できるだけ多くのオペを経験し、現場の外科医療の知識を入手する必要性があるらしい。外科医のC医師が …

no image

ヤマアラシ症候群とは?特徴や原因

ヤマアラシ症候群は、誰かれかまわずきついことを言ってしまう人のことで、周囲とうまく馴染めず、孤立してしまうことも少なくない。 まるでヤマアラシのように、いつもトゲを立てて身構えている人は多いが、いつも …

no image

外科医の家庭生活は不安定なもの

ある外科医の話では、外科の医者って、正式な離婚率でも4割はいくだろうという報告です。また、別の医師は、戸籍上は別として、実際の生活で離婚は8~9割はあるらしいといっています。 それほど外科医の家庭生活 …

no image

キャリアブレインの評判

「キャリアブレイン」は、医師転職の分野で、顧客満足度トップクラスのサービスです。キャリアブレインを利用すれば、専任のスタッフが、あなたの転職をサポートしてくれます。 医師・看護師・薬剤師など医療従事者 …

no image

キャリアエージェント会社を利用すれば病院をやめて次に進める

医者の仕事は、激務である場合が多いものです。激務が多く、休みが少ないことが多く、だんだんとそんな状態から解放されたいと思うようになり、「病院を辞めてしまいたい」と思う医師も多くいます。連続勤務で、週休 …