雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

ネットショップ

色数を抑えることのメリット-興味をもってもらうために

投稿日:2015年1月27日 更新日:

~色数を抑えることのメリット~

無秩序に多くの色が並んでいれば、自分はどこから情報を探すべきか判別することができず、ストレスを与えることにつながります。様々なデザインの広告バナーが無秩序に並んでいるウェブサイトを思い浮かべてください。定形のサイズできれいに配置されていても、統一性のないデザインや様々な色が使われているバナーが並んでいれば、煩雑な印象ばかりが目立ち、興味をもってもらうことは難しくなります。

ラフデザインをチェックする場合も、色数が多く煩雑なイメージにつながっていないかを確認してみるとよいでしょう。基本はキーカラーに合わせて複数のサブカラーやアクセントとなるカラーを用意し、シンプルな色遣いを心がけることです。色数が多すぎると、ユーザーの視線が定まらず、落ち着かない印象を与えてしまいます。

デザインの方向性を決める

コーポレートカラーをブランディングという側面からすでに決定しているのであれば、その色がキーカラーになります。ECサイトであれば、もっと快活なイメージを伝える必要があるかもしれません。コーポレートサイトであれば、信頼感や安心感を伝えたいということになるかもしれません。ユーザーの求めているイメージや押し出したいイメージに合わせて配色を決めていきます。

ユーザーは、あなたのウェブサイトに何を求めているのか、どのようなイメージを好んでいるのか、逆にあなたのウェブサイトはユーザーにどのようなイメージを伝えたいのか、そのような視点をもとに、伝えたいイメージを決定していきます。

ときとして発注者の求めているトーン&マナーを理詰めで説明しても、デザイナーに伝えきれない場合があります。デザイナーとのちょっとした解釈の違いが、仕上がったデザインには大きな差として表れてしまうことはよくあることです。

具体的に目指しているデザインが競合のウェブサイトや他分野のウェブサイトにあるのであれば、サンプルとしてデザイナーに提示することも、意向をきっちりと伝えるうえでは有効な方法です。また、キーカラーだけに絞るとイメージが限定的になるようであれば、サブカラーを用意するとよいでしょう。デザイナーと相談しながら、イメージにあったキーカラーやサブカラーを選択しましょう。

インターネットで稼いでみたい方は、ポイントサイトを使った副業がおすすめ!現在私が一番お金を稼いでいるポイントサイト「げん玉(会員数500万人)」なら毎月5万円は稼げますよ!

-ネットショップ

執筆者:

関連記事

no image

はっきりと文字を表現することが重要

ネットサイトデザインでは、はっきりと文字を表現することが重要です。判読性や視認性が悪いナビゲーションやコピーは、閲覧者から気づかれることなく、機会損失につながることに留意してください。文字と背景色のコ …

no image

ネットショップ-副業から本業へ

Sさんが集める中国急須は、宣興紫砂壺という江蘇省にある宣興窯でつくられるもの。将来は好きなことを仕事にしたいと考えていたSさんは、この人脈を生かして、日本で中国急須を売るネットショップをつくろうと思い …

no image

返品についての表記

返品についての表記ですが、「特定商取引に関する法律に基づく表示」の中に、以下のような内容で記述しておきます。返品を希望するお客様は、商品到着日より7日以内にご返送ください。その際の送料は弊社負担とさせ …

no image

ウイルス感染経路-電子メールなどに気をつけよう

ネットショップが成功して、リピーター顧客が増えれば増えるほど、個人情報保護は重要となり、かつ落とし穴になってしまう可能性のある法律です。自らのビジネスの利益ばかりだけでなく、顧客の個人データも重要であ …

no image

配信日&配信時間とシステムについて

何時にメールマガジンを配信しても読者には届きますが、読んでもらうためのタイミングを考えて送信しましょう。 タイミングを計るのは非常にむずかしいことですが、読者の読む時間を考えれば自ずと理解できるはずで …