雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

コミュニケーション

色々な性格、色々な一面を持つ自分を受け入れよう

投稿日:

私の中にはファンタジー好きの私、現実的な私、繊細な私、大ざっばな私、冷酷な私、のどかな私、など、ごしゃごしゃと私、がひしめいています。両極端なんてザラです。新しい私が、前から顔なじみの怠け者の私やおっちょこちょいの私、や夢追いの私、と合流して、特有のハーモニーと不協和音を奏でる。二十代の頃は、そうした新しい私との対面はショックでもあり、困惑でもありました。けれどこんなふうに、毎年新人の私が生まれてくることを知り、それはもう避けられないことなんだとわかると、かえって面白くなります。

フーム、成長するって私、が増えることなんだ、とナットクしたのです。私の性格は変えられないけれど、性格のバランスは変えられます。不快感や不安感をキャッチした時は、バランスがよくない時です。そんな時は、チャンネルを切り替えましょう。自分の中に何かしらの感動を取り込むのです。ムジュンだらけです。私の中の一〇〇人の私。実際はもっとたくさんいるのかもしれません。

全員と柔軟につきあっていくしかない

私はその私、全員を受け入れ、全員と柔軟につきあっていくしかないのです。自分のことしか考えない私、もいます。これは追い出せっこないのだとわかれば、寛容な私、を育てて、自分のことしか考えない私、より大きくしちゃえばいいのです。人との出逢い、景色や言葉との出逢い、美しさとの出逢い。出逢いがあると私の中の細胞がプチッとはじけます。そして自分の新しい感情に出逢えるのです。眠っているあなた、を揺さぶり起こし、新しいあなた、とどんどん対面していくことです。

どのあなた、も決して否定してはいけません。全員が存在するゆえに、あなたの個性が成り立っているのですから。そういうあなたは世界に一人しかいないし、歴史上にもたった一人しか登場しない貴重なパーソナリティーなのです。「こんなこと考えたのは初めて」「こんなうれしさは初めて」「こんなさりげなさを楽しめるのは初めて」「この甘酸っぱさは初めて」など、あなたの中にも、まだ出逢っていない「初めて」がいっぱい眠っているはずです。

-コミュニケーション

執筆者:

関連記事

no image

ユーモアを磨く方法は独創性にあり

ユーモアを磨く方法は独創性にあり。 日常生活の基本的な精神が欧米のそれと肩を並べた時、日本人にもすぐれたユーモアが培われることでしょう。今は無理をして言葉だけのユーモアを真似しないことです。それよりも …

no image

衝突を恐れないでプラスに活用しよう

衝突は怖くない。こころを言葉にして相手に届けるのです。クールに楽しく衝突しましょう。それがコミュニケーシニンの基本です。男と女の間で何かがビビッと反応し、二つの世界が接近する。そしてお互いの世界のある …

no image

見えないものが見えるなんておかしいじゃありませんか

「見えないものが見えるなんて、おかしいじゃありませんか」というむきがあります。その人は、見えるというのは物理的に光の刺激を感じとめることだ、と考えているからでしょう。ある意味ではそうです。しかし、人間 …

no image

漫画の言葉遣いをする子供は注意したほうがいいの?

マンガやテレビで覚えた言葉に神経質になる母親がいますが、心配することはありません。子供の間の方言だとお考えになればよいでしょう。成績がよくて活発な子と成績の悪い子がよく遣い、成績がよくておとなしい性格 …

no image

上手なスピーチの仕方は?

結婚式で何かテープルスピーチをしなくてはならない。はい、その場合にはこんな例もあります、こんな文もあります、それを一読暗記して、話が上手になるならば苦労はしません。うまく話した場合にどうしたらよいか。 …