雑学

いろは歌に隠された恨みのメッセージ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
明治時代の1円の価値は

いろは歌に隠された恨みのメッセージ

いろは歌に隠された恨みのメッセージをご存知だろうか。平安時代のはじめ頃から、歌人たちの間で、折句という遊びが行われるようになった。和歌に別の言葉を隠すという一種の暗号遊びである。短歌を五七調にしたがって改行しながら、ひらがなで書くと五行になる。

この各行の先頭と最後の文字をそれぞれ横に読むと、花の名や鳥の名など、五文字の言葉になるという遊びである。頭の文字を読むものを冠、下の文字を読むものを沓といい、両方に暗号を隠しているものを沓冠といった。

いろはカルタでおなじみのあのいろは歌も

いろはカルタでおなじみのあのいろは歌も

実は、いろはカルタでおなじみのあのいろは歌も、この折句ではないかという説がある。いろは歌は、日本語で用いられる四七文字をすべて一文字ずつ用いた和歌として、昔から知られている。

意味どおりに区切れば七・五・六・五・七・五・七・五文字に区切れるこのいろは歌を、頭から七文字ずつに区切って語尾を横に読んでみると、とかなくしてしすになる。

罪なくして死すという意味ではないか

これは、罪なくして死すという意味ではないかというのである。罪なくして死すということは、これを詠んだ人は無実の罪でとらえられ、死を前にしていると考えられる。

ふつうの折句より読み方が複雑だが、これが偶然ではなく本当に折句だとしたら、いろは歌は、恨みがこもった歌ということになるのである。

いろは歌の簡単な覚え方

いろは歌の簡単な覚え方

ろは歌とは、すべての仮名を重複させないで、作られた歌です。

いろはにほへと ちりぬるを
わかよたれそ つねならむ
うゐのおくやま けふこえて
あさきゆめみし ゑひもせすん

色は匂へど 散りぬるを
我が世誰そ 常ならむ
有為の奥山 今日越えて
浅き夢見じ 酔ひもせず

何回も口に出してればすぐ覚えれます。

全てひらがなで書くと

全てひらがなで書くと、

いろはにほへと ちりぬるを
わかよたれそ つねならむ
うゐのおくやま けふこえて
あさきゆめみし ゑひもせす

です。

五十音図が使用されるようになる前の江戸時代まで仮名を覚えるのに、よく使われていたのがいろは歌です。同じ字を使わずに仮名のすべてを使って歌にしています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加