雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

政治

最善の道はイラクの冷酷な軍事政府

投稿日:

当時、現指導部のイギリス側同盟者は野党の立場にあり、そのためにイギリスが後ろ盾についたフセインの犯罪について、サッチャー支持者よりも自由に意見を述べられる立場にあった。全世界にとって最善の道はサダム・フセインを排除したイラクの冷酷な軍事政府であり、それはフセインと同じように統治するが、一九九〇年八月にフセインが自らの経歴を汚したような判断ミスはしないものにするという見解だ。

指導部は、一九九一年に彼らが出した見解をいつ、なぜ放棄したのかも説明していない。彼らの名前がこうした犯罪に反対する議会の記録に見当たらないのは注目に値することだ。その中にはトニー・ブレア、ジャック・ストロー、ジェフ・フーンなど、労働党の新しい指導者が含まれる。一〇〇一年、ストローが内務大臣だった頃、拘留され拷問を受けたイラク人がイギリスに亡命して保護を求めた。ストローはその要求を却下した。

時期的にも内容的にも多くの話題を呼んだのだが

二〇〇二年一二月、外相に就任したジャック・ストローは、フセインの犯罪に関する一件書類を公表した。この一件書類は、時期的にも内容的にも多くの話題を呼んだのだが、それ以外には、ストローはサダム・フセインの性格と行動に関し、ごく最近になって懐疑的な立場に変わったことを説明してはいない。イラクは、それも特にイラクの治安部隊は、正しい法手続きに基づき、法廷でのみ人を裁くことがストローにはわかっていた。

だから、独立した司法のもとで、公平な裁判を受けられると期待していいだろう、と内務省はこう説明した。となれば、ストローが改心したのは、一九九九年九月八日から一一日の間に、クリントン大統領が発見したのと似たような経緯だったに違いない。過去二五年間、アメリカとイギリスがインドネシアを公然と支持していた期間に、この国が疎ティモールに対して何やら不倫快なことをしでかしたことに、クリントンが気づいた一件である。

-政治

執筆者:

関連記事

no image

停戦協定で合意され国際的な義務に違反したからイラクが攻撃された

コリン・パウェルは、アメリカは何が何でもイラクの支配権を奪うという大統領宣言をきっばり否定した。問題はこういうこと。サダム・フセインは戦略的、政治的に決断して国連安全保障理事会の決議に従い、大量破壊兵 …

no image

米国大衆の三分の二がイラクの撤退に繋がるならば

提案は、米国政府職員によって報道陣にリークされ、彼らはそれらを真剣かつ交渉可能な提案と考えていた。一九九〇年八月のクウェート侵略後、イラクは広範な地域で解決を図ることを条件に、幾つかの撤退案を提示した …

no image

帝国の支配体制を切り崩し独自の地域制度を太平洋地域に広げた

大英帝国を始めとする帝国の支配体制を切り崩し、その一方で独自の地域制度をラテンアメリカと太平洋地域に広げた。新しい世界秩序は米国経済のニーズに合わせたものとし、政治的にも可能な限りアメリカの支配下に置 …

no image

アメリカが世界の富を支配するパーセンテージ

一つの目安として、アメリカが世界の富を支配するパーセンテージがある。かつてはおよそ五〇%だったが、世界経済が三大勢力の中心地、すなわち北米とヨーロッパ及び日本を中心としたアジアからなる三極体制に移行す …

no image

アメリカの権力の傘下にあるから問題が公共の場で議論されない

一九九二年から九四年に戦略軍最高司令官だったリー・パトラー将軍は次のように述べた。我々が中東と呼ぶ憎悪の大釜の中で、どうやら一つの国が備蓄した大量の核兵器で武装しており、その数が恐らく数百発にのぼる事 …