雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

政治

イランの制裁緩和さえも禁ずる

投稿日:

米国政府が国連の査察機関(UNSCOM)を利用してイラクを偵察させたことも査察に悪影響を及ぼし、一九九八年一二月にクリントンとブレアが国連の反対を押し切ってイラクを爆撃した後、査察はイラクによって中止された。これらの査察が続いていればどんな結果になったかは、あらゆる方面の空論家にしかわからない。クリントンも同意見だった。彼の国務長官ウォーレン・クリストファーは一九九四年に、イラクの決議順守は禁輸の解除を正当化するには充分でないと講いた。つまり、それによってルールを一方的に変えていた。

初代ブッシュ大統領とジェームズ・ベイカー国務長官は直ちに、アメリカは決議六八七の主たる条件も拒否すると発表し、サダム・フセインが権力の座にある限り、制裁緩和さえも禁ずるとした。一部の時事解説者は、決議に違反した回数はイスラエルが最も多いと指摘している。アメリカの支援を受けたトルコとモロッコも、イラク以上に安全保障理事会の決議に違反してきた。国際的な査察機関を通じて武装解除させることが米英の目的でなかったことは明らかであり、両軍事国家は関連の国連決議に従うつもりはなかったのである。

イラクに関する決議は国内における弾圧にも言及

イラクに関する決議は国内における弾圧にも言及しており、この点ではサダム・フセインの犯罪の記録はいかにもおぞましいものだったが、それは付随的な問題でしかなかった。これらの決議はきわめて重要な問題と関連している。他国への侵略や何十年間にも及ぶ軍の占領期間に行われてきた過酷かつ残酷な慣行、ジュネーヴ条約への深刻な違反(アメリカの法律に照らせば戦争犯罪)、武装解除の不徹底よりも上に位置づけられるその他諸々の問題である。

米国政府の現職者たちは、フセインが最悪の犯罪を犯した後も、イランとの戦争の後も、ずっと彼を支援していた。一方、イスラエルに関する決議は、武力による示威を認める国連憲章第七章に該当するわけではない。仮にそのような提案がなされれば、アメリカはすぐさま拒否権を行使するだろう。

-政治

執筆者:

関連記事

no image

レーガン、ブッシュの時代には実質賃金は横這い状態のまま下降

レーガン、ブッシュの時代には、実質賃金は横這い状態のまま下降し、それと共に社会保障給付金も下がった。その一方で、労働時間は増加した。経済成長が見られても、それは圧倒的に富裕層を潤し、五〇年代、六〇年代 …

no image

粛清は誤った人間が行えば犯罪だが

二〇〇三年五月には、イスラエルの二人の主要な人権派弁護士が、アルアクサ第二次・インテイファーダが続いた二〇〇〇年一一月から二〇〇三年四月までの期間にイスラエル国防軍が実行した全ての粛清と全ての暗殺未遂 …

no image

アメリカ大陸のための経済的ナショナリズムを排除

アメリカはアメリカ大陸のための経済的ナショナリズムを排除しようと意図があった。最初の受益者はアメリカの投資家でなければならず、中南米諸国はそれに奉仕する役目を果たすべきだ。ラテンアメリカ人は、国内資源 …

no image

外国政府の高官を買収することで第三者の望む政策を追求させることもある

違法な経済支援の形態ではあるが、外国政府の高官を買収することで、彼らに第三者の望む政策を追求させることもある。冷戦期には、米ソの課報機関はしばしば、望ましい結果を得ようと外国の選挙に資金を投入した。 …

no image

イラクに対するアメリカ固有の恐怖と誤解がなければ

国防総省は、更なる部隊の展開は先例のない規模の国内危機を引き起こす危険があると恐れた。一九六八年には、大衆に対する恐れの念はきわめて深刻になり、更に多くの部隊をべトナムへ送る事態になった場合、治安維持 …