雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

政治

米国大衆の三分の二がイラクの撤退に繋がるならば

投稿日:

提案は、米国政府職員によって報道陣にリークされ、彼らはそれらを真剣かつ交渉可能な提案と考えていた。一九九〇年八月のクウェート侵略後、イラクは広範な地域で解決を図ることを条件に、幾つかの撤退案を提示した。アメリカはイラク側の提案をすぐさま却下したと、この問題について詳細に報道したこの国における唯一のジャーナリスト、ニューズデイ紙のクヌート・ロイスは述べた。

実際にどれほど真剣なものだったかは、我々には判断できない。イラクが同様の提案をし、アメリカがそれを却下したばかりなのを大衆が知っていれば、数字は更に高くなったに違いない。爆撃前に実施された最後の世論調査で、米国大衆の三分の二が、イラクの撤退に繋がるならば、イスラエル・アラブ紛争に関する会議の開催に賛成だったというのは興味深い。この地域やそれ以外でも、大量破壊兵器と運搬手段の撤廃に向けた措置が講じられた可能性もある。

フセインの独裁政権を倒す基盤作りも

国を荒廃させた戦争も、それ以上に多くの損害をもたらした戦後の惨状も防げたかもしれないし、何十万もの人命が失われずにすみ、恐らくはフセインの独裁政権を倒す基盤作りもできたろう。とうてい軽くは見過ごせない問題なのである。それは核拡散防止条約の誓約に三〇年にわたり背いてきた大国にも向けられたかもしれないのだ。小国ではあるが、イスラエルは実際にはアメリカの軍事及び科学技術の海外基地となる道を選んだ国であり、それによって最新鋭の軍隊を構築してきた。

中東におけるイスラエルの軍事力は、大量破壊兵器よりもずっと危険なものと見なされている。イスラエル議会(クネセト)の調査では、イスラエルが今では西洋世界の中で、アメリカに次いで二番目に収入、財産、資本、教育、及び支出面での社会的格差が開いた国になっている。経済の中心は、軍事関連のハイテク産業システムであり、米国経済とも密接に結びついている。当然のことながら、イスラエルは他の分野でも、その宗主国に似始めている。

-政治

執筆者:

関連記事

no image

正当な自衛や善意の行動を誤った取り組みに変えることだってできる

権力に服従するイデオロギーのシステムは、事実上どんな行動であっても、大衆に根ざした唯一の政党を壊滅させるための大量虐殺への加担(南ヴェトナムやインドネシアのように)にしろ、国際テロ(キューバのように) …

no image

ブッシュはパナマを侵攻した機に乗じイラクに対する融資の禁止を解除

クルド人の農作物に大損害を与えたため、フセイン政権が火急に必要とする食糧を、アメリカは公費で援助し、それと共に大量破壊兵器に転用できる高度な科学技術と化学薬剤も提供した。彼らはブッシュ大統領の挨拶の言 …

no image

生物兵器や化学兵器をフセインが使用してしまう可能性

国際的な軍事情報を扱う主要雑誌と同盟国の情報機関も同じ結論に達しており、アメリカが攻撃すれば反米及び反西洋感情を世界中に広めることになり、イラクを攻撃することはイスラム教徒のテロを減少させるよりも、か …

no image

カーター大統領がアメリカ人の疑念を払拭し援助する責任もないと明言

我々はそれほど寛大であるべきではないと考えた人もいる。初代ブッシュ大統領は、タカでもハトでもない中道的な見解を示して、こう述べた。極端なハト派としては、カーター大統領がアメリカ人の疑念を払拭し、我々は …

no image

国際司法裁判所の命令をアメリカが拒否

国際司法裁判所の命令をアメリカが拒否したことを受け、ニカラグアは、それでも暴力的な報復や、テロによる脅しに訴えようとはせず、問題を国連安全保障理事会に託した。表向きの任務は破壊することだが、我々略奪者 …