雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

政治

米国大衆の三分の二がイラクの撤退に繋がるならば

投稿日:

提案は、米国政府職員によって報道陣にリークされ、彼らはそれらを真剣かつ交渉可能な提案と考えていた。一九九〇年八月のクウェート侵略後、イラクは広範な地域で解決を図ることを条件に、幾つかの撤退案を提示した。アメリカはイラク側の提案をすぐさま却下したと、この問題について詳細に報道したこの国における唯一のジャーナリスト、ニューズデイ紙のクヌート・ロイスは述べた。

実際にどれほど真剣なものだったかは、我々には判断できない。イラクが同様の提案をし、アメリカがそれを却下したばかりなのを大衆が知っていれば、数字は更に高くなったに違いない。爆撃前に実施された最後の世論調査で、米国大衆の三分の二が、イラクの撤退に繋がるならば、イスラエル・アラブ紛争に関する会議の開催に賛成だったというのは興味深い。この地域やそれ以外でも、大量破壊兵器と運搬手段の撤廃に向けた措置が講じられた可能性もある。

フセインの独裁政権を倒す基盤作りも

国を荒廃させた戦争も、それ以上に多くの損害をもたらした戦後の惨状も防げたかもしれないし、何十万もの人命が失われずにすみ、恐らくはフセインの独裁政権を倒す基盤作りもできたろう。とうてい軽くは見過ごせない問題なのである。それは核拡散防止条約の誓約に三〇年にわたり背いてきた大国にも向けられたかもしれないのだ。小国ではあるが、イスラエルは実際にはアメリカの軍事及び科学技術の海外基地となる道を選んだ国であり、それによって最新鋭の軍隊を構築してきた。

中東におけるイスラエルの軍事力は、大量破壊兵器よりもずっと危険なものと見なされている。イスラエル議会(クネセト)の調査では、イスラエルが今では西洋世界の中で、アメリカに次いで二番目に収入、財産、資本、教育、及び支出面での社会的格差が開いた国になっている。経済の中心は、軍事関連のハイテク産業システムであり、米国経済とも密接に結びついている。当然のことながら、イスラエルは他の分野でも、その宗主国に似始めている。

-政治

執筆者:

関連記事

no image

イスラエルとパレスチナの関係の悪化の食い止め

米国側に加わったのは、イスラエルと太平洋諸島の幾つかの属国及びコスタリカだった。この撤回は、それが本心からのものだとすれば、政治解決を図る可能性をほぼ排除することになる。従来のパターン通り、こうしたこ …

no image

アフガニスタン攻撃が自分の言う条件を満たしているとする主張

アフガニスタンに関するエルシュタインの主張が、彼女自身の議論の枠組みの中できちんと通るかどうか検討してみよう。エルシュタインは正義の戦争に四つの基準を設けている。ここで彼女が挙げる唯一の例は、大量殺響 …

no image

フランクリン・ルーズヴェルトは第一次世界大戦の過ちを避けたいと願っていた

戦時下の大半にアメリカの国務長官を務めたコーデル・ハル(CordellHull)は、熱心なウィルソン主義者であり、アメリカ世論も国際連合を強く支持していた。この大構想を推進するために、ローズヴェルトは …

no image

世界がどれほど滅亡の危機に近づいていたかを意識

危機に対するケネディの対処の仕方と、イラク問題を巡るブッシュ大統領の考え方との比較が会議で再三取り上げられたテーマだと、新聞は報じた。大規模戦争が起これば、北半球は破壊されるというアイゼンハワー大統領 …

no image

テロの文化のせいで大多数の人々が希望を失い権力者の要求に従う

祖国グアテマラにしばらく里帰りしたジャーナリストのフリオ・ゴドイはアメリカに戻ってからこう書いた。ホワイトハウスにはアステカの神を崇拝している人がいると信じたくなる。だから、中米人の血を奉献するのだ、 …