雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

政治

イラクの脅威、大量破壊兵器、テロと見なしうる活動を巡る問題

投稿日:

マクジョージ・バンディの言う陰の無頼漢たちの間では別だが、戦争がイラクの人々に及ぼしうる影響については、わずかに議論されただけだ。民主化解放など、アメリカと同盟国が直面しうる脅威とかけ離れた問題は、どんな討議でも警されただけである。体制派の中で批判的な人々とホワイトハウスの閣僚は、国連安全保障理事会の討議と、査察団と同じ問題に関心を向けていた。

イラクの脅威、大量破壊兵器、テロと見なしうる活動を巡る問題である。米国政府がイラクとの戦争に意気揚々と突入する中で、無頼漢たちは男女共再び自分たちの犠牲という小さな問題以上のものに目を向けるようになった。ヴェトナム戦争は軍事的な成功であり、侵略者が犠牲を払うだけのことはあったと感じる人々である。スイスは三〇カ国を集めた会議を主催し、今後に起こりうる事態に備えた。

一〇年間に及ぶ過酷な制裁の後

一〇年間に及ぶ過酷な制裁の後、イラク国民は辛うじて生き延びている状態にあり、国際的な援助及び医療機関は、戦争になれば人道上の大惨事になりかねないと警告していた。安保理常任理事国の他の四カ国を始め、会議に出席した人々は、戦争によって人道上、悲惨な結果が起こるだろうと警告した。アメリカだけが出席を拒否した。戦後のイラクで米国政府が実施してきた人道的な救済計画は、国際援助機関から詰めが甘く、お粗末なほど資金不足で、軍に管理されすぎていると批判された。

ワシントンを本拠とする国際難民奉仕会の責任者で、元国防次官補のケネス・べーコンは、戦争は大量の難民を生み出し、公衆衛生上の危機を引き起こすだろうと予測した。戦争を計画する人々に、戦が引き起こしうる結果について我々が警告を発しても、ワシントンはわざと耳を傾けないサダム・フセインの政権は確かにひどく残虐だったが、それでも石油からの利益を国内の発展に投じてきた。フセイン国民の半数を中流階級に押し上げ、世界各地のアラブ人が、イラクの大学に学びに来ていたのだ。

-政治

執筆者:

関連記事

no image

大惨事に発展しうる重大な危機を前に指導者が脅迫や武力に訴えた例

アメリカ人の多くは例外的な特権と自由を享受し、それゆえに将来を左右する能力をもっている。だからこそ、特権につきものの責任には慎重に対処しなければならない。この国の行動と指導原理は、地球上に住む全ての人 …

no image

世界がどれほど滅亡の危機に近づいていたかを意識

危機に対するケネディの対処の仕方と、イラク問題を巡るブッシュ大統領の考え方との比較が会議で再三取り上げられたテーマだと、新聞は報じた。大規模戦争が起これば、北半球は破壊されるというアイゼンハワー大統領 …

no image

クウェートの石油生産と投資からの利益に大きく依存していたイギリス

ナセルは非同盟運動を支えた人物であり、彼の影響力は他国にも及び、独立の機運を促すのではないかと恐れられた。中東では悪漢はナセルであり、狼狙した米英の指導者からは新しいヒトラーと呼ばれていた。こうした不 …

no image

介入について国家中心的道義主義者などの見解は違う

懐疑主義者にとっては道義的判断は意味がないが、リアリスト[現実主義者]やコスモポリタン[世界市民主義者]や国家中心的道義主義者は、それぞれ介入について異なる見解を持っている。 リアリストにとって、国際 …

no image

武力行使容認決議-パウエルの状況説明

アメリカの当局者は、パウエルの状況説明が、武力行使を認める決議に支持を集めるための長期的な努力の一環だと見られまいとしていたと、国際報道機関は報じた。国連は会合を開いて討議することはできるが、我々には …