雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

政治

イラクを攻撃した後イラクの囚人が同様の扱いを受けていた

投稿日:

イラクを征服した後には、イラクの囚人が同様の扱いを受けていたことを示す証拠がすぐさま明るみに。司法省の査察官ですら痛烈な報告書を提出して非難したが、本省は無視した。

キューバの中で今もアメリカの占領下にあるグアンタナモ収容所において敵の戦闘員が受けている処遇については、人権団体など多くの組織が抗議の声を上げている。行政当局者によるこうした発言は裁判所によっても一面において支持されており、戦時大統領は戦場で敵の戦闘員として捕らえられた米国民を無期限に拘束し、その人間が弁護士に接見するのを拒否しうるという判決を下した。

赤十字社は米軍司令職がジュネーヴ協定に違反して戦争捕虜への接見を拒み、民間人を拘束したことに強く抗議した。その上、敵の戦闘員と見なされるかどうかは、担当者の気まぐれによるのだ。

キューバのグアンタナモ湾に収容されているアフガン人などの捕虜を扱うように、縛られた上、目隠しをされ殴打されていたのである。控え目に言っても、それ自体、国際法で問題とされる処遇である。アシュクロフト長官の司法省は敵の戦闘員として拘束すれば、初論、家族との面会や弁護士との接見をさせないのが基本だと考えている。

米国政府も認めたように

我々の市民的自由に対する新たな攻撃は国家権力を大幅に大きくさせる、とイェール大学の法学教授ジャック・バルキンは書いた。

司法省の考えは、センター・フォー・パブリック・インテグリティ悲営利無党派の調査機関に漏えいされた二〇〇三年国内安全保障強化法と題する極秘計画に示されていた。

米国政府も認めたように、アメリカが攻撃すると決めた人間であれば、信頼できる証拠がなくても敵の戦闘員として無差別に拘束されるのである。

憲法上の権利を触むものであり、司法長官のブラックリストに載った組織に具体的な援助をしたという理由で、市民権を剥奪する権限を国家に与えるものなのだ。その組織がブラックリストに載っていることを、罪を問われた人間が知らない場合でも。

-政治

執筆者:

関連記事

no image

イラクは東ティモールやコソヴォやアフガニスタンではないと強調

イラクは重要な褒賞だ。他の国々はどうでもいい存在と見なされているという。だからこそ、米国政府が管理しなければならないのであり、国連にも、イラク国民にも任せられないのであるというのだ。イラクは東ティモー …

no image

マーシャル・プランの提案では

チェコスロヴァキアがアメリカの援助を望むと示唆すると、スターリンは東欧での統制を強め、1948年2月にはチェコスロヴァキアで共産党が完全に全権を掌握した。こうしたできごとに、トルーマンは1930年代の …

no image

大量破壊兵器の発見に向けた必死の努力が不毛に終わってからも

プロパガンダの効果は戦争終結後も続いた。大量破壊兵器の発見に向けた必死の努力が不毛に終わってからも、国民の三分の一は米軍がそれ発見したと信じており、二〇%以上はイラクが戦争中に大量破壊兵器を使用したと …

no image

ヨーロッパ諸国を実物教育

NATOの空爆目的は、米国政府によって確立された冷戦後の時代の支配体制下に置かれないだろうと期待するヨーロッパ諸国を実物教育することだった。コソボの人々の窮状は懸案事項ではなかった、とべースヴィッチは …

no image

有権者は争点ではなく個人的な資質に目を向けさせられた

有権者は争点ではなく、個人的な資質に目を向けさせられた。一般大衆がエリートと見解を異にする問題は、一般に議題から外されていた。有権者の間では、といっても富裕層に大きく偏っているが、自分たちの階級の利益 …