雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

政治

イラクが国連に大量破壊兵器保有を否定する報告書を提出した後のこと

投稿日:

フィナンシャル・タイムズ紙は、政策立案に関する批評の中で、武力行使の決断がなされたのは二〇〇二年一二月半ばだとしている。イラクが国連に大量破壊兵器保有を否定する報告書を提出した後のことだ。世界の人々の前で威信の維持のため力を誇示する必要性は、イラク戦争に決定的な影響を及ぼしたと言えるだろう。彼らは武力を見せつけられ、国益に関する深刻な懸念は何であれ捨て去って、アメリカの目的を反映するように教え込まれている。

新しい規範作りのスタイルも一考する価値がある。何よりも重要なのは、銃と信仰をもつ者だけが、世界に自分たちの要求を押し付ける権限があるということだ。アメリカは、今ではもっと困難なケースでも対処できると考えているかもしれない。その見込みがあるかどうかは、専ら第二の超大国が威圧され、封じ込められるか否かにかかっている。

壮大な戦略が公式に宣言されたばかりか実行に

壮大な戦略が公式に宣言されたばかりか実行に移され、予防戦争の新しい規範が公式ルールの中に定着し始めた。三流の独裁者が大統領をはかにしていた。それを境に、外交上の解決を図る見込みはなくなった。その後に続いたのは、事態をごまかすための外交上の猿芝居にすぎず、その間に軍隊が配備された。各国政府とその国民は世界に対する見解を、国連と国際法に基づく見方から米国政府の方針との一致に基づく見方へと変えなければならない。

一九九〇年代は人道的介入の一〇年となった。人道的な根拠に基づいて介入する新しい権利が、アメリカと同盟国の勇気と利他主義によって築かれたのだ。強者の特権を明らかにする例は幅広く受け入れられた規範革命であり、それによって一千年紀は幕を閉じた。コソヴォと東ティモールはその王冠を飾る二つの宝石である。とりわけコソヴォの爆撃は、安全保障理事会の許可を得ずに武力に訴える規範を打ち立てた、と権威者は理解している。

-政治

執筆者:

関連記事

no image

外国政府の高官を買収することで第三者の望む政策を追求させることもある

違法な経済支援の形態ではあるが、外国政府の高官を買収することで、彼らに第三者の望む政策を追求させることもある。冷戦期には、米ソの課報機関はしばしば、望ましい結果を得ようと外国の選挙に資金を投入した。 …

no image

ゴルバチョフの登場には歴史の偶然という面があった

「なぜ1989年なのか?」という疑問は依然未解決のまま。なぜこの指導者の下で起こったのか?ある程度、ゴルバチョフの登場には歴史の偶然という面があった。1980年代の初めに、ソ連では3人の高齢の指導者が …

no image

一対一の土地交換と国境に沿った領土の分割の問題

一九九〇年代に、ヨルダン川西岸を事実上、二分させようとする明確な意図で企図された。交渉はイスラエルの選挙前にバラクによって中止され、暴力事件がエスカレートしたため、その後は再開されず、従ってそれがどの …

no image

正当な自衛や善意の行動を誤った取り組みに変えることだってできる

権力に服従するイデオロギーのシステムは、事実上どんな行動であっても、大衆に根ざした唯一の政党を壊滅させるための大量虐殺への加担(南ヴェトナムやインドネシアのように)にしろ、国際テロ(キューバのように) …

no image

パレスチナ国家の領土を最大限に拡大するため

治安維持が充分かどうかは、イスラエルと米国政府によって判断される。イスラエルは二〇〇一年三月以降に建設された入植前哨地を速やかに解体。回復されるべき現状は、パレスチナ人を何百もの地区に閉じこめ、周囲は …