雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

心理学

一夫一婦制は遺伝子のなせる業

投稿日:

一夫一婦制は遺伝子のなせる業。メスにとって一雌一雄関係が必要不可欠になるにしたがって、それがオスにとっても都合がよくなってきた。オスにしても、大勢のメスを守り、それぞれに食料を与えることなどできない。

木々から降りて地面や開けた平原を歩きはじめ、晩のおかずを得るために手に棒や石を持つようになると、メスの負担が大きくなって片腕に九キロのむずがる子どもを抱えながら、もう片方の手で根を掘り起こしたり、小動物を捕ったりするなど、若い母親にできるだろうか?ずっしりとした肉のかたまりを腕に抱えながら、舌なめずりする腹を空かせたライオンから大急ぎで逃げることなどできるだろうか?

葉の生い茂った世界では、母親は両手を自由に使えたおかげで、果実や野菜を集めることができた。捕食者がいても、安全な高い場所まであっという間に逃げることができた。初期の女性たちは食料や保護を求めてパートナーを必要としはじめたのではないか。少なくとも、子どもを抱え、育てているあいだは。

メスの集団を惹きつけることに成功したとしても

メスの集団を惹きつけることに成功したとしても、ほかのオスがそこに加わって求愛をはじめ、おそらくその一部を盗んでいってしまっただろう。しかし食料を与え、保護する相手がメスひとりとその子どもだけとなれば、話はちがってくる。だから、祖先たちが危険な大地での生活に慣れるにしたがって、一雌一雄関係はメスにしてみれば必須で、オスにしてみれば実用的なものとなっていった。

男女差は、現代の男女差とほぼ一致している。人類学者たちはふつう、メスとオスのからだのサイズのちがいを測ることで、その種がどのような社会的グループを形成していたかを判断する。このサイズのちがいから、初期の親戚たちは今日と同じような社会的ユニットを形成していたと考えられる。

一夫一婦制がはるか昔から進化してきたという証拠がいくつかある。最近、三五万年ほど前に暮らしていた、アウストラロピテクス・アファレンシスとよばれる男女の骨格サイズが再測定された。その結果、男性の骨格のほうが女性のより少し大きいことがわかった。一度にひとりの相手とだけペアを組む人間の習慣、つまり一夫一婦制が進化していったのではないか。

-心理学

執筆者:

関連記事

no image

他人や人類の苦悩を一身に背負い悲劇的にわめき続けることは観念的

他人や人類の苦悩を一身に背負い悲劇的にわめき続けることは、観念的であり、もしかすると自分の個人的苦悩の投影に甘えているのかもしれない。自分個人の苦悩とまともに取り組み、その中に生ずる不思議な力と明るさ …

no image

交配相手の横取

文化圏にたいしておこなわれた調査から、交配相手の横取りが世界各地で頻繁におこなわれていることがわかっている。だからこそ、ムジルリツグミと同じように、わたしたち人間も独占欲が強いのだ。心変わりをした恋人 …

no image

前頭前野皮質のさまざまな部位を使って

前頭前野皮質のさまざまな部位を使って、報酬をモニター。それにいくつかの部分は、直接的につながっている。いつの日かだれかが、恋愛を指揮する役目を負う前頭前野皮質の正体をあかしてくれることだろう。 額のす …

no image

主観と客観の自我の分裂はフロイトが最初に発見したものだった

C子さんには人一倍厳しく、自分は部長なんだという態度を絶えずとっていないではいられない。現実のあの不器用さをいつも世話しているのは私なのに。でも、私は決してそれを世話する看護婦でも下女でもないわとC子 …

no image

無性生殖はそこに個体の素質を作るあらゆる遺伝情報があると

無性生殖は、どの部分の細胞をとってきても、そこに個体の素質を作るあらゆる遺伝情報があるという事実にもとづき、人間においても、性結合にょらないで、たとえばある人の皮膚の一細胞から、その人と同じ素質の人間 …