雑学

一本締めと三本締めはどっちが正式なの?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
モダン焼きのルーツ

一本締めと三本締めはどっちが正式なの?

一本締めと三本締めはどっちが正式なのだろうか?三社祭では本社神輿の宮出しの前に一本締め、宮入りの最後に三本締めを行う。一本締めにせよ三本締めにせよ、シャンシャンシャンのスタイルが定着したのは、東京・浅草の三社祭がもとらしい。シャンシャンシャン、シャンシャンシヤン、シャンシャンシャン、シャンが一本締め。10回手を叩くので別名十締め。これを3回やるのが三本締めだ。どちらが正式かと聞かれましても…、こちらでもよくわかりませんねえと、専門家は言う。

どうやら、始めと中締め、大締めでそれぞれ一本締めをやるのが正式らしいのだが、最後に1回だけ三本締めというのは、それをまとめてしまったというわけで、手締めの意味について、東京都鳥工業会会長は著書でこう解説している。ちゃんちゃんちゃんの三が三つで九、それに一つの点を入れて、九に点で漢字の丸を表す。すべて丸くおさまりまして、皆さんご苦労でしたとなる。行事の開会でもって一本締め、議案審議等が一通り終わったところで一本締め、懇親会に入ってめでたくすべてが終了というところで一本締めで、それで三本締め。

なんぞが出る幕ではと辞退するのが粋というもの

パーティーなどでは来賓が指名されたりするが、受けたら本来その役をやるはずの責任者に対して失礼に当たる。私なんぞが出る幕では…と辞退するのが粋というものだそうだ。手締めは神社に参拝するときの二拍三拝が変形したものといわれ、二拍だから二本締めだったのだ。手締めの発声をするのはその行事を進行した頭や座長、主催者などの責任者。

関東一本締めなどといって、よ〜お、ポンッなんていうのがはやっているけれど、あれでは、まったく締まっていないのである。しかし、江戸時代以前は二本締めだったらしい。二本締め、三本締めなどがあるのは、おめでたいことはたくさんあるほうがいいという発想から回数が増えたというような説もあるようだ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加