雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

ペット

犬食の文化-優れた調理法についてたくさんの記述

投稿日:

北アメリカの原住民は、あるときは特別なごちそうとして、またあるときは飢えをしのぐために、犬を食べた。メキシコではチワワやメキシカン・へアレスなどの小型犬はかつてはごく一般的な食材であり、その目的のために育てられた。ギリシア、ローマ時代の美食家たちは犬の肉をとくに好み、優れた調理法についてたくさんの記述を残している。必要に迫られて犬を食べる場合も多かった。

一八七〇年のフランスとプロシアとの戦いでパリが占拠されたとき、食糧の欠乏から住民たちは(ほかならぬ)犬を食べざるをえなかった。サモエド族(シベリア犬陸で繁殖した美しい白い犬は、この部族の名で呼ばれるようになった)は、犬にロシアの極北地帯で憧を引かせただけでなく、食用にも供した。英国の急進的なジャーナリストで政治家でもあるへンリー・デュプレ・ラブーシェアはパリを訪れ、犬の肉とはいえ、まだ買う余裕のあった家庭に宿泊した。彼は犬の肉はまずまずの味だったと述べ、次のようにランクづけをおこなっている。

ブルドッグは硬くてあじけない

ブルドッグは硬くてあじけないハワイおよびボリネシア、ミクロネシアの一帯では、犬の肉が珍重されただけでなく、歯や毛皮も衣類や装飾品として使われた。スパニエルは羊に近く、プードルは群を抜いて美味である。食用の犬は野菜で育てられたため、アポイ・ドッグ、(ポイとはすりつぶしたタロイモの根を意味する)とも呼ばれていた。一八八〇年に、ハワイのラハイナで食犬団体が結成された。彼らはまず登録票をつけていない犬を見つけ次第、捕まえた。

次に犬を洗い、少し太らせた。そして六月一日、ハワイの国民的祝祭日に、いよいよ犬宴会を開いた。新聞はこの催しの主催者のコメントとして次のように報じた。子犬の肉が最も良いとされ、ブタとだいたい同じように調理された。臓物を取り出してきれいに洗い、焼け石を詰め、大きな葉で包んで蒸し焼きにするか、石炭の上で肉をあぶるのである。愛犬家には決して理解できない世界である。

-ペット

執筆者:

関連記事

no image

ペット用品店-ビジネスの代表的な業態

ペットに関わるビジネスの代表的な業態がペットショップです。ペット生体、ペットフード、ペット用品の三大商品をワンストップサービスで提供する店、さらにはペットサロン、ペットホテルなどのサービス施設を併設し …

no image

犬の訓練やしつけに関する本について

犬の訓練やしつけに関する本。タイトルとしては犬のしつけステップ・バイ・ステップ愛犬を遊びながらしつける法犬の自然な訓練法などが目につく。犬の訓練に失敗したときの後始末の方法を指南する愛犬の問題、解決し …

no image

犬が部屋に来るので困る

はじめから犬の入ってもよい部屋のみで飼育していたなら、習慣で犬は覚え込み、何の無理もなく自然に自分のテリトリー内で生活するようになります。どの部屋も自由に出入りさせてしまうのは、好ましいことではありま …

no image

犬の訓練は繰り返しが多くても飽きられることがあるので注意

犬の伏せの姿勢は、犬にとっては服従を意味する。伏せの姿勢をとれば、犬が相手を群れのリーダーとして認めたことになる。犬の行動を注意深く見守ること利口な犬には、どんな命令にも即座に反応させるようにしたい。 …

no image

オオカミの行動と性格について一般に浸透しているイメージ

犬はオオカミが飼い馴らされたものだとする専門家たちは、犬に見られる大きさや形のちがいは、時代に応じてその土地固有のオオカミが家畜化されたためだとしている。つまり、北のオオカミはジャーマン・シェパード( …