雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

ペット

犬の背中の毛が逆立つことなどの反応の意味

投稿日:

犬の背すじの毛が一斉に逆立つのは、いい加減にしろ、俺は怒ったぞ!と言っている証拠である。肩の毛までが逆立つ場合はもうがまんできないの意味で、即座に攻撃に移る合図である。オオカミの中には、背すじや、ときには肩のあたりまではっきりと黒い毛が生えているものもいる。これはこの信号を目立ちやすくするためであろう。地面を引っ播き、脚で草を蹴散らす。

これはふつう犬が排池したあとにおこなわれるが、そのほかのときにも起こることがある。犬が顔や場合によっては胸まで地面にこすりつけ、前足で目から鼻のあたりまで顔をこすったりする。この動作は食事のあとや、主人が餌の支度をし始めたときにおこなわれることが多い。これを満足の儀式のひとつと考えたい。それに限らず、楽しいことの前後にも同じ動作が起こる。仰向けにころがり、地面で背中をこするこれに先立って鼻をこする動作がおこなわれる場合もある。

座って一方の前脚を軽く上げる

座って一方の前脚を軽く上げる。これもストレスを示す動作だが、不安が混じり合っている。心配で、不安で、落ち着きませんという意味である。放尿によるマーキングは、匂いがほかの犬の鼻の高さにつくように、また広い範囲で空中を伝わるように垂直に立ったものをめがけておこなわれる。これはここは私の縄張りだ、これは私のものだ、いま私はこの近くにいるよという意味である。

犬はほかの犬のしるしの上にも放尿する。犬がほかの犬や人間の匂いの上に自分の尿をかける場合は、縄張りの主張や所有を表すことになる。犬は足の裏に分泌腺があり、独特の匂いを発散する。この動作で犬はみんないいか、私がここに来たことを覚えておくんだ。名刺を残しておくからな!と言っている。こうした信号の多くは、目で見ればすぐそれとわかるが、言葉で表すのはなかなかむずかしい。より理解を深めるために、犬が発している言語を勉強しておきたい。書籍やネットを利用すれば、色々と勉強できるだろう。

-ペット

執筆者:

関連記事

no image

犬にとってよい飼い主とはリーダシップがとれる人

コーキーのように賢い大は、いいことも悪いこともよく覚えます。飼い主はしつけや訓練を根気よく、メリハリをきかせてできる人でなければなりません。次に、犬に対して時間をさくことを借 ません。特にコーギーは、 …

no image

品質マネジメントシステム-ISO9001を取得したペットフード会社

ペットの健康を考え、お客様の要求する安全な製品を安定して供給。お客様の要求事項への適合性および品質マネジメントシステムの有効性の継続的な改善を行って、お客様の満足度と信頼性を高めているあるペットフード …

no image

犬の訓練士の仕事の体験を語るある人の話

犬との体験を語る、ひとりの訓練士の話をご紹介しよう。ある五十代のご夫婦が、私の初級クラスにつがいのダンディ犬を連れてきました。雌は気分がいいと何歩か歩いてくれるのですが、雄のほうは頑として動かないとき …

no image

馬が計算を解いた-賢いハンスの話

馬が計算を解いた。賢いハンスの話だ。最初は飼い主がなにかトリックを使っているのだろうと考えられた。しかし、ハンスの知らない人間が問題を与え、飼い主が姿を隠していても、彼は同じように簡単に、また正確に問 …

no image

摂取促進用のガムなどを扱うショップ

ブランドスローガンの「しあわせ、あいする」は「愛することの大切さ、喜び、幸せをもっと人々と分かち合いたい」との同社の思いと、「ペットと人の愛情を育み、幸せな暮らしを創造する」との同社の約束を表現してお …