雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

ペット

犬の祖先はジャッカルなのか?

投稿日:

ジャッカルに対して人々が抱くイメージは、裏街道をこそこそ逃げ回り、くずや残り物、ありとあらゆる汚いものをむさぼる姿である。オオカミの研究にくらべて、ジャッカルの行動や知的能力に関する研究はかなり遅れている。ジャッカルには最初の悪印象を打ち消すような文学作品は生まれなかった。おもに北アフリカや南アジアに多く生息したジャッカルは、死肉や腐敗物を食べる動物として知られている。

彼らはごみの山をあさり、死骸の埋まった地面を嗅ぎ回り、浅い場所に埋められていれば、どんな死体でも掘り出してその肉を平らげると信じられている。彼らはほんものの食肉獣のあとをつけ、彼らが食べ残した獲物の腐った肉を突つくと思われている。ジャッカルに対するこうした否定的な見方からすれば、ジャッカルが犬の直接の先祖であるという説を人々が擁護したがらないのも当然かもしれない。

誰も信じたいとは思うまい

彼らは卑しく不快な特徴の持ち主で、ぞっとする匂いを漂わせ、なまけもので卑怯なゆえにみずから生きたものを狩ろうとはしない、と非難されている。自分たちのペットが、自分たちの親友が、自分たちの家とおそらくはべッドまで分け合う動物が、もとはくず拾いで、墓場をあさる、くさい卑怯ものだったなどと、誰も信じたいとは思うまい。ジャッカルは平均的なオオカミより小型で骨も細く、強い防衛力にも欠けている(そのため、実際にジャッカルは犬型のネコ族、とくにヒョウの獲物になることが多い)。

しかし、解剖学的には、彼らとオオカミや家犬とを明確にへだてる特徴はない。自分たちの犬を気高いオオカミと結びつけるほうが、(心理的には)ずっと楽だ。しかし、こうした感情は、いささかあやまった見方にもとづいている。そしてジャッカルの生態や行動の特徴も、すべて小型のオオカミやコヨーテ、あるいはある種の家犬たちと共通している。ジャッカルが犬の直接の先祖であるという説は、果たして本当なのかは、まだ分かっていない。

-ペット

執筆者:

関連記事

no image

ペットとのライフスタイルを提案

あるペットショップでは、ペットフード、用品の卸売り事業、コミュニティ型ペットショップ開発事業、教育事業の三事業が連携したビジネスモデルにより、飼い主に「ペットとのライフスタイルを提案できるペットショッ …

no image

生物に関する推論

行動主義者はきわめて特殊な視点をとっている。学会などで正面から追及されると、行動主義者たちは次のように反験する。我々は別の生物の主観的経験や感覚を直接知ることは不可能である。そこで、彼らに意識、感情な …

no image

犬の性格テストなどの条件

従順性テストでは、犬の問題解決能力と学習知能を調べるために、犬が生後一年ぐらい経ち、テストをおこなう人と三カ月ぐらいは生活をともにしている、というのが条件だ。しかし、性格テストでは、異なった条件が要求 …

no image

猟犬のポインターは先込め式猟銃の発明を補うべく改良がおこなわれた

猟犬のポインターは先込め式猟銃の発明を補うべく品種改良がおこなわれた。この銃を効果的に使うためには、音をたてずに主人を獲物の潜む場所まで案内し、その位置を教える犬が必要だった。猟師は二頭一組で使う場合 …

no image

犬が窒息したら口移しで対処できるか?

ある飼い主と、犬のお話。 ジーサはへとへとで、いまにも気絶しそうになっていた。サミーは、自力で排水溝から飛びだしてきた。医師たちは皮膚に食いこんだ小石やコンクリート片をとりださなければならなかったが、 …