雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

ペット

犬の仕事の種類を色々紹介

投稿日:

現代の犬の仕事としては、ざっと次のようなものがある。

・捜索および救助犬

道に迷った人、地震、雪崩などで埋まった人を捜索し、発見するのに使われる。

・珍味のトリュフを見つける犬

この仕事では昔からブタが使われているが、犬のほうが嗅覚が発達している。そしてトリュフの味は嫌いなので、掘り出す前に食べられてしまう心配もない。

・麻薬および爆破物探知犬

鋭い嗅覚を利用して、密輸品を発見する。

・聴導犬

耳の聞こえない主人に、ドアのベルの音や電話、あるいはやかんの湯が沸とうする音などを教える。

・盲導犬

目の見えない主人の目となって障害物を迂回し、車の接近を警告し、入り組んだ都会でも主人が自由に動けるように案内役を務める。

・水難救助犬

水難に遭った人と並行して泳ぐほか、小舟を救助隊のところまで引っ張る場合もある。水から人間や品物を引き上げる。

人間の直接的なコントロールを受ける

犬がこうした数々の優れた役割をはたすところをみると、その複雑な行動が本当に番犬、防衛犬、牧羊犬、狩猟犬などと同じ本能的知能の構成要素から生み出されるとは、なかなか信じがたいものだ。捜索や救助の行動は、狩りや獲物の回収にみられるのと同じ技能にもとづいている。ただし、もっと複雑な仕事になると、特殊な本能的能力が橋正され、人間の直接的なコントロールを受けるのである。

群れのメンバーを守り、警告を発する特殊能力が、訓練によって修正され、聴導犬は耳の聞こえない人にドアのべルの音を知らせるようになる。それには訓練が必要であり、学習が成功するか否かは犬の順応的知能そして作業・服従知能の程度次第、ということになる。犬は人間の生活の中で、もうひとつ重要な機能をはたしている。愛玩犬としての役割である。祖先ははるか紀元前四〇〇年にさかのぼり、チベットの寺院で仏教の僧侶の愛玩犬として育てられた。この犬種はかつてヴィクトリア王朝時代の英国で、新聞紙上で露骨な攻撃を受けたようだ。

-ペット

執筆者:

関連記事

no image

室内での機能とスペースを重視したペット家具

あるペットショップでは、持続可能な地球の未来の社会的課題を事業的手法により解決することをめざした建築業界の企業集団。そして、ペット癒し計画は建築士、インテリアデザイナー、エコリフォームマスターなどの有 …

no image

畜犬登録は必ず必要な義務

畜犬登録は、生後日以上の犬の飼い主すべてに義務づけられた登録です。狂犬病予防接種を受け、その「注射済証明書」を持って、初日以内に市区町村の役所や出張所、保健所に出向き、手続きをします。飼い犬が登録料は …

no image

盲導犬の組織立った繁殖をおこなう中での克明な記録

キャバリアはたえず愛情を求め、競争心はほとんど示さず、攻撃的な傾向も皆無といってよい。ファッフェンバーガーは、盲導犬の組織立った繁殖をおこなう中で克明な記録を残している。重要なのは、こうした性格的特徴 …

no image

コーギーなどの犬の病気の注意ポイント

コーギーには、元気でいつまでも若々しいという長所があります。しかし、純血種の犬には、体の特徴や体質によってかかりやすい病気、遺伝的疾患がいくつかみられ、これはコーギーも例外ではありません。 膀胱炎が基 …

no image

犬の訓練に関する本について

犬の訓練に関する本。本の中では犬種による差について触れていなくても、講演会やふだんの会話では、犬種によって知能程度に差があることを認める発言が飛び出す場合もある。動物訓練が専門で、動物行動学に精通した …