雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

ペット

犬の起源についてはたくさんの民話が残っている

投稿日:

動物は同胞ではないが、目下でもない。彼らは私たち同様、命と時間の網に捉えられた、別の国の住民なのだ。筋肉と骨格の強度のちがいが、犬はネズミより強くゴリラより弱いという事実を決定する。犬の眼球の構造が、視力の点では人間に劣る原因となっている。結局のところ私たちはみな、持って生まれた肉体の艦から逃れることはできない。かたや人間の脳と同じく、犬の脳も独自の進化の歴史をたどって形成された。

家犬の頭脳を理解するには、やはり、まずはこの動物の生物学的起源とその進化の歴史を知っておく必要があるだろう。犬の起源については、たくさんの民話が残っている。カリフォルニア・インディアンのカトー族の言い伝えによれば、ナガイチョの神が世界を創った。この新しい世界を心のままに歩き回り、さまざまなものを創り出して地をみたした。彼は地上の四隅に四本の巨大な柱を立てて空を支え、地面を開いた。この神話は、人間の男と女が土から創られたこと、ナガイチョの歩いたあとに入江や川ができ、すべての動物たちがそれぞれふさわしい場所に創られたことを伝えている。ところが、その中に犬は入っていない。

人間が犬なしに歩き回るというのは

カトー族にとって、人間が犬なしに歩き回るというのは、聞いたこともなく、考えられもしないことだったようだ。ナガイチョが初めて散歩に出かけたとき、彼はすでに犬を連れていた。犬は最初から存在していた。この入江の清い水をごらん。ほかの動物たちがここを見つける前に、ひとロ飲んでみるといい。しばらくののち、神とその犬とはより添いながら北へ向かって立ち去った。世界が創られて以来、犬はいつも創造主のあとにつき添い、あたりを嗅ぎ回り、探索し、ナガイチョがみずから創りあげたものについて語る言葉に耳を傾けていた。

たしかに、人間と犬との関わりは、文明の始まる以前にまでさかのぼる。現在わかっている限りでは、人間が初めて飼い馴らした動物は犬だった。しかもそれは、他の動物(ウシまたはトナカイ)を家畜として飼い始める、何千年も前のことなのだ。この神話の魅力は、中に真実の要素が含まれている点である。

-ペット

執筆者:

関連記事

no image

ペットサロンの開業者の増加-大きく変容しようとしている業界

ペットサロンの開業者の増加-大きく変容しようとしている業界。 ペット病院のうち、個人医療施設が八割近くを占めています。また、個人医療施設は現在、年間二〇〇施設程度のペースで新規開院が続いていると推計さ …

no image

ハムスターにおすすめの栄養のある食べ物とは?

・必要な栄養成分と選び方 ペレットを選ぶときは、栄養成分をよくチェック。ハムスターに求められる栄養は、以下のとおりです。 ・脂肪5%以上・繊維12%以上・タンパク質16%以上 これは乾燥重量での配分な …

no image

犬は特殊な発声を学習することができる

犬は特殊な発声を学習することができる。たとえば、吠えろという指示に従って犬があげる声は、自発的な吠え声とは違っている。犬の中にはしかるべき時にしかるべき声を出すように、しつけられているものもいる。同じ …

no image

犬にとってよい飼い主とはリーダシップがとれる人

コーキーのように賢い大は、いいことも悪いこともよく覚えます。飼い主はしつけや訓練を根気よく、メリハリをきかせてできる人でなければなりません。次に、犬に対して時間をさくことを借 ません。特にコーギーは、 …

no image

コンパニオンアニマルとしてのペット

人間が飼育する動物はいままで、人間の生活に役立てるための家畜や娯楽のための愛玩動物でした。例えば、牛や馬は家畜として、犬は番犬、猫はネズミ駆除、鳥や鯉はかわいがって楽しむためにというように。ところが近 …