雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

ペット

犬の起源についてはたくさんの民話が残っている

投稿日:

動物は同胞ではないが、目下でもない。彼らは私たち同様、命と時間の網に捉えられた、別の国の住民なのだ。筋肉と骨格の強度のちがいが、犬はネズミより強くゴリラより弱いという事実を決定する。犬の眼球の構造が、視力の点では人間に劣る原因となっている。結局のところ私たちはみな、持って生まれた肉体の艦から逃れることはできない。かたや人間の脳と同じく、犬の脳も独自の進化の歴史をたどって形成された。

家犬の頭脳を理解するには、やはり、まずはこの動物の生物学的起源とその進化の歴史を知っておく必要があるだろう。犬の起源については、たくさんの民話が残っている。カリフォルニア・インディアンのカトー族の言い伝えによれば、ナガイチョの神が世界を創った。この新しい世界を心のままに歩き回り、さまざまなものを創り出して地をみたした。彼は地上の四隅に四本の巨大な柱を立てて空を支え、地面を開いた。この神話は、人間の男と女が土から創られたこと、ナガイチョの歩いたあとに入江や川ができ、すべての動物たちがそれぞれふさわしい場所に創られたことを伝えている。ところが、その中に犬は入っていない。

人間が犬なしに歩き回るというのは

カトー族にとって、人間が犬なしに歩き回るというのは、聞いたこともなく、考えられもしないことだったようだ。ナガイチョが初めて散歩に出かけたとき、彼はすでに犬を連れていた。犬は最初から存在していた。この入江の清い水をごらん。ほかの動物たちがここを見つける前に、ひとロ飲んでみるといい。しばらくののち、神とその犬とはより添いながら北へ向かって立ち去った。世界が創られて以来、犬はいつも創造主のあとにつき添い、あたりを嗅ぎ回り、探索し、ナガイチョがみずから創りあげたものについて語る言葉に耳を傾けていた。

たしかに、人間と犬との関わりは、文明の始まる以前にまでさかのぼる。現在わかっている限りでは、人間が初めて飼い馴らした動物は犬だった。しかもそれは、他の動物(ウシまたはトナカイ)を家畜として飼い始める、何千年も前のことなのだ。この神話の魅力は、中に真実の要素が含まれている点である。

-ペット

執筆者:

関連記事

no image

野生の雑種犬と家犬の交雑から現在知られている犬種が生まれた

犬の専門家の中にはマイケル・フォックスを例として、家犬は野生犬のだれかが進化したのだと考える人たちもいる。ほかの家犬はほとんどが年に二度発情期を迎えるのに対し、バセンジーの雌は一年に一度しか発情期を迎 …

no image

ドッグフードは人間の食品と同様の品質管理がされている

ドッグフードは、人間の食品と同様の品質管理も行われています。タイプはドライ、半生、ウェットとさまざまで、味もバリエーションが豊富。なかでも、ドライフードは、必要な栄養素がバランスよく配合されているうえ …

no image

子犬が家に来たばかりの頃の注意事項

今日から家族の一員となった子犬に、さっそく名前をつけてあげましょう。呼びやすく、愛着のわくような名前がいいでしょう。眠りから目覚めた子犬が、じゃれついてきたときは遊ぼうのサイン。あまり騒がず、ゆったり …

no image

名犬ラッシーの大冒険-全編を通じて雌のふり!?

世界一有名なコリー犬ラッシーは、心優しく勇敢なだけでなく、利口で分別がある点でも、まさに人間そこのけだった。犬とその知能に関する通念を作りあげるのに最大の貢献をしたこの犬は、一九三八年にエリック・ナイ …

no image

ハムスターは部屋の温度に注意して飼うこと

・冬の世話 冬は冬眠してしまわないように、寒さ対策は万全にしておきましょう。ペットのハムの冬眠は危険です。 ・秋の世話 夏毛から冬毛に換わる季節。こまめなブラッシングで抜け毛を取ってあげましょう。朝晩 …