ペット

犬の科学的なトレーニング方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

犬の科学的なトレーニング方法について紹介しましょう。犬の科学的なトレーニング方法に、ファントレーニングという犬のトレーニング法があるようです。

犬に怖い思いをさせるような体罰は一切使わないトレーニング。人と犬との信頼関係を損なう心配もありません。また、力ずくで言うことをきかせるトレーニングではなく、時間をかけて教えていくトレーニング方法で、誰でも安全にできます。

犬の行動学に基づいて考えられた科学的なトレーニング法。失敗をさせてバツを与えるのではなく、失敗(留守中の問題行動)を予防し、良い行動をほめることに重点を置いて教えていく、人と犬の両方が楽しみながら行えるトレーニング法。

ファントレーニングでは、留守中の犬に退屈や不安を感じさせないよう、出かける前に散歩や遊びを十分取り入れたり、飼い主さんの日頃の態度を見直したりして、失敗を予防します。

魅力的なオモチヤを与えたり、ひとりでも夢中になれる遊びを教えたりして、最終的には犬にとって「留守番=ひとり遊びのパーティータイム」にすることをめざします。ただし、このトレーニングでひとりぼっちを受け入れられるようになっても、今まで以上に留守番をさせるのは考えもの。

犬はひとりが苦手な動物である

トレーニングでは、飼い主さんが家にいるときにも犬をひとりにする時間を与えます。最初はごく短い時間から慣れさせ、少しずつその時間を延ばしていき、実際の留守番ができるようにするのです。

犬はひとりが苦手な動物であることを忘れずに、留守番の時間はできるだけ短く、を心がけるようにしてください。犬は、私たち人間と暮らす毎日の中でも、犬としての本能や習性からくる欲求にならつて行動します。

快適な生活空閧がほしい犬にとって過ごしやすい温度や湿度、自由に動けるスペースの広さ、騒音の少なさ、心地よい寝床といった環境は大切です。犬の立場に立って、生活空間を今一度見直してみましょう。

イヌの「行動欲求」を理解し、満たすような生活を提供することは、普段のしつけにはもちろん、留守番のトレーニングにも必ず役に立ちます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加