雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

ペット

犬のトイレトレーニングに失敗しないための方法

投稿日:

どのような環境の元で生活させるかによって、犬はトイレをきちんと覚えられるか覚えられないか分かれるところです。犬を迎えたその日から始まるのが、トイレの問題です。やや大きめのケージを利用してもサークルと同様に上手くトイレがしつけられます。サークル利用の飼育が、スペースも無理のない広さがありますし、最もトイレ場所を覚えるのに適した環境と言えます。子犬を入れ、とにかく一回オシッコをさせます。

室内に放してしまったなら、子犬はその場で排池してトイレを覚えなくなってしまいます。サークル内全てにトイレ・シーツや新聞紙を敷いてトイレ場とします。排池を見届けたなら、スペースを二分し、片方に敷物を入れたカゴなどを置いてべッドにし、残りのスペースにトイレ・シーツや新聞紙を敷いてトイレ場とします。この時、室内のどこへでも行けるようにしておかないことです。

サークルがよく見える範囲内に

サークルがよく見える範囲(部屋)内に犬をておきましょう。確実にサークルに行って排池できるようなら問題はありませんが、もしも、二回続けて失敗したら、すぐにサークル内生活に戻すことです。何回も失敗を見過ごすと、トイレのしっけは失敗してしまいますから、面倒くさがらずに基本に戻りましょう。移動などでがまんしていることが多いので、サークルに入れたとたんに排池するでしょう。室内に犬を放して様子をみます。サークル内全てにトイレシーツや新聞紙を敷きます。

排池したくなったなら、すぐサークルへ行けるような環境にしておくわけです。子犬は食べると必ずといってよいほど排池をしますので、排池を確認してからサークルから出して、室内や庭で遊んであげるようにしましょう。また、外の自由で楽しいことを体験し過ぎると、サークル内での生活を嫌うようになりかねませんので、遊ぶ時間もホドホドにしましょう。サークル外で遊ぶ時間が長過ぎると、次の排池時間になってしまい、その場で排池してしまうことになります。

-ペット

執筆者:

関連記事

no image

犬に物の大きさの比較はできるのか?

犬に比較の能力はないのか。大きさの関係となると、犬は通常こうした単位でものを考えることはできないとされている。一八世紀の英国の作家であり評論家で、最初の英語辞典を編纂したサミュエルは、この分野における …

no image

犬のしつけ、リーダーシップをとる訓練など

他人に迷惑をかけないよう、きちんとしたしつけをする必要があります。犬のしつけは6か月で決まるといわれています。飼い主はしっかりとしたリーダーシップを発揮しなければなりません。食事やトイレ以外のしつけに …

no image

ペットショップの従業員などの業界の実態

ペットショップの従業員数などの業界の実態はどうなのでしょうか。ペットショップの八九・八%が単独店で、支店展開は一〇・二%しかありません。ペットショップの経営実態を少し掘り下げてみると、経営者以外の従業 …

no image

品質マネジメントシステム-ISO9001を取得したペットフード会社

ペットの健康を考え、お客様の要求する安全な製品を安定して供給。お客様の要求事項への適合性および品質マネジメントシステムの有効性の継続的な改善を行って、お客様の満足度と信頼性を高めているあるペットフード …

no image

ペットショップの仕事は楽しいことばかりではない

・掃除に始まり掃除に終わるペットショップ ペットショップではペットフードやペット用品を扱っているのが普通ですので、店頭で販売するこれらの商品を選定し、仕入れる仕事もあります。売れない商品を仕入れると店 …