雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

ペット

私たちは犬に関する知識をすべて映画や小説から得るわけではない

投稿日:

私たちは犬に関する知識をすべて映画や小説から得るわけではない。実際、どこの本屋や図書館でも棚には犬に関するノンフィクションの本がずらりと並んでいるれらの本は犬の知能について、ある種の情報を与えてくれる。去勢が犬の性格におよぼす影響や、犬の心理的問題について触れた部分(家具をかじったり、家の中に粗相をするといった形で現れることが多い)までありながら、犬の思考形態や知能程度についてはほとんど触れられていない。犬の病気や育て方の本、犬の訓練やしつけの本、犬の種類に関する本、である。

犬の病気や育て方の本は、犬の育て方健康な犬家庭での犬の病気と治療法などといったタイトルがついている。これらの本は、栄養面、成長の過程、その他犬特有の問題を扱っている。次に大きなグループが、犬の訓練やしつけに関する本である。タイトルとしては犬のしつけステップ・バイ・ステップ愛犬を遊びながらしつける法犬の自然な訓練法などが目につく。それはこれらの本の多くが、動物心理学には精通しているが、犬の行動面に関しては充分な知識をもたない獣医師によって書かれているためであろう。

より専門的な本になると

より専門的な本になると、タイトルも番犬訓練法救助犬について捜索犬のための訓練法狩猟犬訓練法などとなっている。残念ながら中にはかなり調子が良く、読者を次のような文章で安心させてしまいがちなもの的には巧妙な編集の力でそれらしく見せるわけである。犬の訓練に失敗したときの後始末の方法を指南する愛犬の問題、解決します助けて!この犬を見てると気が変になりそう!という本まである。

これらの本の多くは非常に示唆に富み、実用的で、基本的な大のしつけ方から、もっと上級の訓練法まで紹介されている。ラッシーが状況を理解しようとあたりを不審そうに見回すとき、じつはパルがものかげでぼろ布を振っている訓練士に注目しているにすぎない。考え深げにじっと目を凝らす表情も、たいていは訓練士がドッグ・ビスケットを常備しているポケットを叩いて見せるからである。

-ペット

執筆者:

関連記事

no image

犬とのスキンシップの効果など

コーギーの集中力やあきらめない精神力、タフな体力や足の速さ、機敏な動きなどは、祖先の血を受け継いだもの。また、飼い主に忠実で、家族を守ろうとする気持ちが強いことも特徴のひとつ。群れを守ろうとする本能が …

no image

犬のしつけ「座れ」のやり方

犬のしつけには、タッチングというものがある。タッチングの効用は、定期的に犬の全身に触ることで、その身体の感触を通して、腫れ物や怪我などをすぐに発見できる点である。ある人が飼っているケアーン・テリアは、 …

no image

あるラブラドールのお話

ある夏の夜、ラブラドールのショットガンはなにかが絶対に変だと感じて起き上がった。家の中には煙がたちこめ、窓や部屋のドアが開いていなければ、そこらじゅうに有毒ガスが充満していたにちがいない。関節炎ぎみの …

no image

ボクサー犬の雑種はおかしな癖をいくつももっていた

ある家族の話。彼女はボクサー犬の雑種で、体型がやや小さすぎ、顎の発達具合もあまりボクサー風とはいえなかった。ペニーには非常に魅力があったが、おかしな癖もいくつかもっていた。そのきわめつけのひとつがパー …

no image

ペットショップの訴訟沙汰に発展するケース

大型ショップや有名ショップの多くは、飼い主と売買契約を交わしていますが、小規模店の大半は売買契約を交わしていません。このため、「ペットショップで購入した子犬が先天性障害の環軸亜脱臼を患っていた」、「ペ …