雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

ペット

犬が知能レベルが高い場合の起こってしまう迷惑行為

投稿日:

その気なしに利口な犬に好ましくない行動を教えてしまい、その結果が有害になる場合もある。ミニチュア・プードルのアーノルドの例をご紹介しよう。アーノルドの飼い主は独り住まいで、犬をたっぶり可愛がった。しかし、ご多分にもれず、犬が良いことをしたときより困ったことをしたときのほうが、彼女の関心度は高まった。彼女に恋人ができてたびたび訪れるようになると、犬に対する関心は薄らぎ始めた。アーノルドが注目を一身に集める困った行為は、べッドでおしっこをすることだったが、飼い主はしつけに成功したと思っていた。

アーノルドはべッドにおしっこをしたときの主人の騒ぎを覚えていた。そして利口な彼は、その行為がいまも同じ成果を生むだろうと考えた。結果は筋書きどおりになった。アーノルドの主人のもとに男性客が訪れるたびに、犬は下心たっぶりで寝室へ向かった。そして、必ず大向こうをうならせたのである。

可能性と関連づけられることがらも増えていく

家の中での活動や人間との接触が増えるにつれて、可能性と関連づけられることがらも増えていく。すると知能の高い犬の場合、日常生活への適応に役立つことを学ぶ機会が増えると同時に、よけいな、あるいは厄介な行動も学んでしまう。利口な犬は飼い主がいなくなると、いつもなら叱られたり禁止される行動が可能になるのをすぐに察知する。利口な犬の飼い主は、自分たちが家にいれば決して悪いことをしない犬が、留守にしたとたん、すべてを格好の獲物にしてしまうのに気づくだろう。

利口な犬は出入り口に近い壁を引っ播いて、しっくいが剥げ落ちるのを見ると、抜け出すのに充分な大きさの穴を作れそうだと考える。その結果、壁、床板に穴が開き、窓やドアの縁取りが壊され、修緒費はかさみ、飼い主の悩みはさらに大きくなる。利口な犬たちージャーマン・シェパード、ロットワイラーなどは、問題解決能力を駆使して、家から外へ出る方法を考え出す。賢い犬は失敗まで生かして、次なる行動につなげることができるのである。

-ペット

執筆者:

関連記事

no image

頭の良い犬が必ずしも最良のパートナーとは限らない

私たちは習慣の生き物であり、利口な犬は家族の翌慣を学びとって予測するようになる。学習能力に優れた犬は、家庭内での日常的なことがらについてものみこみが早い。知能の低い犬は反応が鈍い。部屋の真ん中の快適な …

no image

老ハムの食事や病気などへの注意

老ハムがかかりやすい病気老ハムならではの病気という心配もあります。性ホルモンの変化や免痩力の低下、体の老化から、老ハムは次のような病気にかかりやすくなってしまいます。 ・肝臓病→診断には血液検査などが …

no image

オンリーワン製品を開発するのが我々の役割というあるメーカー

「オンリーワン製品を開発するのが我々の役割であり、それにより流通ルートから期待され、信頼されるメーカーとして、消費者には健康、安全、安心、快適、利便な製品を提供するメーカーとして支持される」ことをめざ …

no image

犬の服従訓練トライアルの目的

アメリカン・ケンネル・クラブ(AKC)とカナディアン・ケンネル・クラブ(CKC)のいずれも、犬の服従訓練トライアルの目的をほぼ同じ言葉で書き表している。服従訓練競技会で要求される能力は、いたって簡単で …

no image

ハムスターのおもちゃの素材には気をつける

・ハムスター用おもちゃ 最近は、ドワハム用の小さな大きさのグッズも充実してきました。さまざまなハムスター用おもちゃが用意されています。これらのおもちゃは、うまく使えば肥満防止やストレス解消のための絶好 …