雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

ペット

犬のしつけ-散歩では引っ張るよりも弾みをつけること

投稿日:

散歩では、犬が自発的に人に合わせて歩くようにしましょう。あまり強引に引くのではなく、弾みをつけるようにサッと手早く引きます。綱引きのようにズルズルとした引き方は効果がありませんので、瞬間的に引くしよう。犬が引き戻されたなら、面倒くさがらずにかがみ込んでヨシヨシと優しく褒めてあげましょう。ゆっくり歩いたり、少し走ってみることも必要です。どのような場合でも、リードを持っている人の歩調に合わせて歩けるようになることが基本です。人から離れたなら引き戻され、人のそばについて歩いたなら褒められるということを犬に覚えさせます。

最終的に人と同じ速度で歩けるようにしましょう。勝ち気な性格の小型の場合には、自分の体が小さいことなどおかまいなしで、また、相手の犬の大小にかかわらず向かって行くようなこともあります。犬に向かって行っても力がさほどありませんから、飼い主は犬を叱らずに、そのまま引き連れて行くことが多いようです。この行為をそのまま許してしまうと、たとえ相性が悪くなくても、まったくみさかいなしに向かっていく性格になってしまいます。

あまり力ずくで引かない

リードを上につり上げるように引っ張るのではなく後方へ、水平に引くことが犬が前に向かって行くことを止めるコツです。家のお友達どうしで協力しあって、トレーニングすることは効果的です。愛犬家のお友達に協力してもらいながらしつけるといいでしょう。歩いている途中で相手に向かって行ったなら、イケナイノと厳しく叱ると同時に、左手でリードを引きます。あまり力ずくで引かないように気をつけます。

あくまでも飼い主の指示に従うことが基本ですから、お互いに知らん顔して歩けるようにトレーニングしましょう。犬が吠えだしたり、相手に向かって行く場合、その前に厳しく声をかけて犬の行動に先手を打ってしまいます。そこで、犬が向かうことを思いとどまって、おとなしく歩いたなら、すれ違って数歩過ぎたところでいい子だねという気持ちを込めて優しく犬に声をかけてあげましょう。

-ペット

執筆者:

関連記事

no image

犬の爪を切る際の注意するポイント

つめを切るときは、肉球を軽く押してつめ全体をむき出しにし、生づめ(内部の神経や血管の通っている部分)を切らないように注意して犬専用のつめ切りで力ットする。深づめをすると出血するので、止血剤を用意してお …

no image

ヨークシャーテリアの子犬のしつけ

ヨークシャーテリアは子犬の時期からあまり犬の意志を尊重した接し方をしてしまうと、大変にわがままな犬になるおそれがありますので、気をつけましょう。しばらく抱いて遊んでいる雰囲気の中でヨショシと優しく言っ …

no image

ハムスターの脱走防止対策

1日の仕事や勉強を終え、家に帰ってきたあなた。さあ、かわいいハムの顔を見ようとケージに近づいてみたら、なんと中はカラッポ。これほど悲しいことはありません。大事なドワハムの大脱走を防ぐために、以下のよう …

no image

最も古い犬種の確実な証拠として残っている化石は約14000年前

最も古い犬の確実な証拠として残っている化石(実際には何本か歯のついた顎の骨のみ)は、約一万四〇〇〇年前のものである。最初の犬の痕跡はあいまいである。一九五〇年代に発掘されたときには、この化石の年代も重 …

no image

全身油まみれの猫を拾ってきたある子供のお話

全身油まみれの猫を拾ってきたある子供のお話。 スシールはその手には乗らないつもりだった。「だめ。猫は飼えないわ」「でもママ」とジョーは顔をしかめながら、「これはママへのお誕生日プレゼントなんだよ」「と …