雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

ペット

犬の尻尾の動きが表す多くの感情

投稿日:

犬は尻尾の動きなどで、様々な感情を表す。例えば、ほんの少し尾を振る場合、これはふつうは挨拶を表し、こんにちはという意味である。人間の主人に対しては、私のほうを見てますね、私を好きなんですね?という意味になることが多い。相手から注目されたことへの反応なのである。

尻尾を振るのは、完全に社会的な動作である。いわば人間の笑顔に相当するような役割もはたす。人間は誰かが近くにいて自分を見ているときや、特別な人やものについて考えているときにだけほほえむものである。犬が尻尾を振るのも同じ特性をもつようだ。

尻尾を半分位の高さに上げて、ゆっくり振る場合、犬の訓練のあいだ、私はこれを私はあなたを理解しようとしてますよ。でも、なにがしてほしいんでしょう。どうもよくわからないんですと解釈している。犬がついに問題を解決すると、みるみる尻尾が速く、犬きく振られるようになる。

大きく尻尾を振る場合

大きく尻尾を振る場合、君が好きだ。犬同士で攻撃の真似ごとをし、急に飛びかかったり、うなったり、吠えたりして遊んでいる最中に示されることが多い。

尻尾を振るのは、これは遊びだという証拠である。また多くの場合、うれしいなの意味にもなる。犬は人間やほかの犬に対して尻尾を振る。ネコ、ウマ、ネズミに対しても振る。しかし犬がひとりのとき、無生物に対して尾を振ることはない。私たちが壁に向かって話しかけはしないように、犬も生命をもたず社会的な反応のないものに対して尾を振ることはない。

犬は人間が餌の容器を与えたときはうれしそうに尾を振る。しかし、犬がひとりで部屋に入ってきて餌の入った容器を見つけた場合は、近寄って喜んで食べるだろうが、おそらく少しばかり興奮して身を震わせることはあっても、尾は振らないだろう。つまり尻尾を振るのは、コミュニケーションであり言語なのだ。ほとんどの犬種の尾は、先にゆくに従って細くなっている。そして尾の先端に白い毛の混じるものが多い。この特徴はジャッカル、キツネ、野生犬、ディンゴでも多く見られる。

-ペット

執筆者:

関連記事

no image

番犬で強い種類はどの犬種か?

優れた防衛犬の条件としては、テリトリー感覚や作業意欲以上に肉体的な攻撃性が要求される。優れた防衛犬であるためには体格の大きさと肉体的な強靭さが、気質と同じぐらい重要な条件になる。ミニチュア・シュナウザ …

no image

犬の訓練に関する本について

犬の訓練に関する本。本の中では犬種による差について触れていなくても、講演会やふだんの会話では、犬種によって知能程度に差があることを認める発言が飛び出す場合もある。動物訓練が専門で、動物行動学に精通した …

no image

犬の問題解決能力のテスト

犬の問題解決能力のテストがある。犬が目を覚ましていて、あなたの目に入る範囲内にいるのを確認すること。ふだん犬を散歩に連れていく時間とはちがう時間を選ぶこと。犬が散歩や外出を期待してこちらに近づいてきた …

no image

子犬の時期は手作り食よりも栄養バランスにすぐれたドッグフードを

子犬の時期は手作り食よりも、栄養バランスにすぐれた子犬成長期用のドッグフードを新鮮な水と一緒に与えましょう。フードも食べられるようになりますが、食べにくいようであればふやかして与えましょう。日頃には、 …

no image

愛犬の健康管理はあなたしかできない

家族の誰かがリーダーにならないと、大は不安でたまらない。愛犬に家族の誰がリーダーなのかを教えるためには、しつけをしなければならない。それにより愛犬はリーダーが誰かわかり、安心して生活できるようになる。 …