雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

ペット

犬の成長過程をよく見極めながら教えてゆくことが大切

投稿日:

犬は成長過程をよく見極めながら教えてゆくことが、最も大切ですから、あせらずに、また、他の犬と比べることな
く進むようにしましょう。しつけの時期としつけを成功させるには子犬のうちから何でもしつけるということではありません。月齢(年齢)で理解できることとできないことがあるのは人間の子供と同じです。一つの目安として犬の成長(月齢)を人間の成長過程(年齢)に照らし合わせて考えてみることにしましょう。厳密な計算方法ではなく、これはあくまでも生活をしてゆく上での目安ということです。

生後半年までは一か月を人間の一年。生後半年~一年までは一か月を人間の、二年。このような計算でいきますと、生後六〇日ぐらいの子犬を迎たなら、ちょうど二歳の幼児と同じと考えられるわけです。したがって物事を教えても、理解力がどの程度のものであるか想像できるでしょう。大切なことは健康に育てるということですが、ジステンパーなどのワクチン接種をし、免疫ができるまでは安全のためにも自宅の敷地内で遊んでいるようにしましょう。

しつけを成功させるコツ

しつけを成功させるコツは、犬の成長を見極めることと同時に、犬の変化に敏感に気がつくことです。しかし、この期間が成長期の子犬には大切な時期と言えますので、まずしつけの第一と考え、犬の気に入ったことばかりをして暮らすわけにもゆきませんので、人間と一緒に生活するということの基本を教えてゆきます。昨日と違う行動が見えたなら、その事柄がよくないことであった場合には、すぐに対処することです。

気がついていてもそのままに放置しておいたら、いつしかその事柄は当たり前のこととして犬は認識してしまうようになります。生活をしてゆく上で必要なことは、体のどの部分を触っても怒らないように育てることです。成功するかしないかは、飼い主の対応一つといっても過言ではありませんので、家族の一員としての犬の存在をよく考えて、ケジメある毅然とした姿勢でしつけに当たることが成功の元です。対処が遅ければ遅いほ手に負えなくなってしまいます。

-ペット

執筆者:

関連記事

no image

コーギーペンブロークなどの犬種

イギリスのチャンネル諸島からウェールズ地方に連れて来られ、ウェルシュという名はウェールズ地方から付いたものといわれています。ベンプロークもペンプロークシャーという地名から付いたといわれ、そして、コーギ …

no image

犬が部屋に来るので困る

はじめから犬の入ってもよい部屋のみで飼育していたなら、習慣で犬は覚え込み、何の無理もなく自然に自分のテリトリー内で生活するようになります。どの部屋も自由に出入りさせてしまうのは、好ましいことではありま …

no image

犬の知能と訓練性能に差があるかを調べたテストの結果

審査員たちが、犬種によって知能と訓練性能に差があることを認めながら、同時に犬の個体差が大きいことを指摘した。あらかじめ分析をおこなったあと、ある専門家は約二〇名ほどの審査員に電話をかけて補足取材をさせ …

no image

動物の幽体離脱のやり方や方法はあるのか

「異なる種のあいだにテレパシーによるコミュニケーションが成立するという考えは、お話にならないほど非合理的なのでか?」と語るある博士は、ロサンゼルスの地元ケーブルTV局でレギュラー出演している。一般向け …

no image

ペットとの共存・共生推進に貢献しようとがんばっているペットショップ

あるペットとの共存を考えたショップのお話。飼い主と子犬の双方にとってどんな売られ方が幸せなのか、それを考えさせられる店のポリシー。愛犬と楽しく暮らすには「エッセンスケア」というコンセプトで、ペットとの …