雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

ペット

犬の性格テストなどの条件

投稿日:

従順性テストでは、犬の問題解決能力と学習知能を調べるために、犬が生後一年ぐらい経ち、テストをおこなう人と三カ月ぐらいは生活をともにしている、というのが条件だ。しかし、性格テストでは、異なった条件が要求される。この種のテストは犬が非常に幼いときにおこなうほうが良い。成犬で試してもこれらのテストから役に立つ情報は得られるだろうが、その場合はくれぐれもテスト結果に学習による反応が混じる可能性があることを忘れてはならない。

一般的に性格測定は子犬が生後七週間くらいまでにおこなわねばならない。八カ月以上になると、いくつかのテスト結果は信頼性が薄くなる。ちょうど乳離れが終わり、新しい飼い主のもとへ行く時期である。それ以上育つとその反応には生まれつきの性格特徴に、学習したものが混じり合ってしまう。また、社会的優位度テストの中には成犬ではむずかしいものもある。性格テストと順応的知能テストで大きくちがう点がある。

慣れ親しんだ環境の中でおこなうことが条件

テストの何問かは、慣れ親しんだ環境の中でおこなうことが条件になっている。知能テストではテスト者は、犬がよく知っている人、できれば飼い主本人であることが大事だ。親しい人たちはなるべく犬の目につかないようにかげに隠れ、助手的な役割に徹する。さらに、テストには犬になじみのない場所を選び、気が散らないようにする。性格テストでは、条件はまさにその正反対になる。

テスト者は、犬にとって知らない人でなくてはならない。といっても別の家でおこなう必要はなく、犬があまり入ったことのない部屋を選べば良い。性格テストと順応的知能テストの相違点の最後として、性格テストはここに書かれてあるとおり正確におこない、すべてを一回で終わらせること。通しで約二〇分ほどになるだろう。そのため、必要な道具は前もってすべて揃えておきたい。具体的には、ストップウォッチか秒針のついた時計。台所用タオルかバスタオルに一・五メートルくらいの紐を結びつけて引き綱のようにしたものなどである。

-ペット

執筆者:

関連記事

no image

必ず一定の言葉や合図を使うことで訓練がうまくいく

犬の訓練を行う場合、一貫した訓練をおこなうことできる限り一貫した訓練をおこない、必ず一定の言葉や合図を使う。声の調子も同じであるほうが望ましい。そして命令がきちんと正確に実行できるょうになるまで、犬を …

no image

犬は荷車を引く運搬の最良手段だった

貧しい人々にとって犬は運搬の最良手段だった。犬ならどこでも手に入り、小さいので家族と一緒の場所で飼えるし、食べ物の残りを与えておけばいい。四頭一組のフォックスハウンドなら、ふつうの犬人ひとりと軽い荷物 …

no image

銀座カラーでの全身脱毛の体験談

ある時、私の嫁が全身脱毛をしたいと言い出しました。嫁が、実際に全身脱毛を体験して、かなりよかったというサロンがあり、そのサロンが、「銀座カラー」で、日本全国に店舗を構える超有名店でした。 嫁が脱毛サロ …

no image

犬に知能があると認め言葉をしゃべるとまで考えた原始の人々

原始の人々は犬に知能があると文句なしに認め、言葉をしゃべるとまで考えたこともあった。たとえばアフリカのコンゴが植民地化されたとき、ヨーロッパ人は犬を火をもたらしたもの、偉犬な猟師、あるいは教師とまでみ …

no image

獣医のお仕事ってどうなっているの?

獣医(獣医師)といえば、かつては畜産農家に出向いて産業動物(牛、豚などの事業用家畜)の出産、治療、健康管理などで活躍する家畜のお医者さんのイメージが一般的でした。しかし、現在はペット病院でペットの病気 …