雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

ペット

犬の制御不可能な状況に対する反応を測るテスト

投稿日:

社会的優位度テストで、犬の制御不可能な状況に対する反応を測るものがある。このテストでは、犬は自分ではまったくコントロール不可能な状況に置かれることになる。このテストでは、犬を持ちあげる(子犬のほうが良いのはこのためもある)。テスト者は、背中を向けた子犬のほうにかがみこみ、両手でゆりかごのような形を作って(てのひらを上に向け、両手の指を組み合わせるようにすると良い)、犬を持ちあげ、脚が床からすっかり離れるょうにする。ここから助手が時間を測り始める。

訓練や日常の活動の中で、犬は自分の思うがままにならない状況に置かれることが多い。よその家を訪問するといった単純なことから、あるいは競技会の会場で審査員に調べられるなど、緊張を強いられる場合まであるだろう。三〇秒経過したら、テスト者は犬を床の上に戻す。

成長した犬や大型の犬を扱う場合

持ちあげられているあいだ、犬がくんくん鳴き続けたり、激しく抵抗したり、とくにうなって噛もうとした場合は一点。抵抗はしないが、くんくん嗅いだり、うなったり、床に戻したときいそいで逃げた場合は二点。犬が落ち着いていて抵抗しない、あるいは少しもがいてもすぐに落ち着いた場合は三点。抵抗が激しかった場合はA欄にしるしを、くんくん嗅いだり、床に戻したとき逃げ出した場合は、S欄にしるしをつける。もっと成長した犬や大型の犬を扱う場合は、このテストの形を少し変える必要がある。

次のテストに移る前に、テスト者は大に穏やかに話しかけ、優しくなでたりさすったりしてやること。犬の腹の下にバスタオルを敷いて、助手の手を借りながらタオルを持ちあげて犬を床から離していく。犬が大きすぎて持ちあがらない場合は、このテストははぶき、採点は二点にしておく。犬の訓練士の中には、ものを持ち帰るかどうかを試すのが、盲・聴導犬、猟犬などの使役犬やフィールド・トライアル(狩猟競技会)のテストには最適であるという意見もある。テストは、単純にくり返しである。テストは、ものを持ち帰るテストで、犬の喜んで人間とともに働く意欲が調べられる。

-ペット

執筆者:

関連記事

no image

ペットで性格診断

サルタンによれば、人は、自分の願望と価値観をぺットに投影するという。たとえば、自主性を尊ぶタイプは、そうした性格を反映したペットを飼う。サンフランシスコの心理学者ドリス・サルタンは、どんなペットを好む …

no image

ペット産業はニ兆円市場

・ペット産業は、ニ〇〇〇年にニ兆円産業 これまでのペット業界は御三家をワンストップで提供するペットショップが、その利便性ゆえに主力業態になっていました。しかし、ペットショップは自営業レベルが多く、店舗 …

no image

ロボロフスキーハムスターは手乗りサイズのかわいさ

ロボロフスキーハムスターは、眺めていて飽きないハムスターです。ロボロフスキーが種として同定されたのは、トーマスによって1905年のことでした。大きな目と小さな体型からくるかわいさはさすが。英国では代に …

no image

犬の祖先はジャッカルなのか?

ジャッカルに対して人々が抱くイメージは、裏街道をこそこそ逃げ回り、くずや残り物、ありとあらゆる汚いものをむさぼる姿である。オオカミの研究にくらべて、ジャッカルの行動や知的能力に関する研究はかなり遅れて …

no image

ハムスターに与えると危険な食べ物

ハムスターに与えてはいけない食品があります。トマトの葉と茎、ジャガイモの葉と芽と緑化した皮は、ソラニンという中毒物質を含んでいます。リンゴ、プラム、桃、サクランボ、ウメ、ビワの種にはシアン化合物を生成 …