雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

ペット

犬に物の大きさの比較はできるのか?

投稿日:

犬に比較の能力はないのか。大きさの関係となると、犬は通常こうした単位でものを考えることはできないとされている。一八世紀の英国の作家であり評論家で、最初の英語辞典を編纂したサミュエルは、この分野における犬の能力を否定したことがあった。犬は目の前に肉が並んでいても、小さかろうが犬きかろうがかまわず食らいつく。やはり、犬に比較の能力はないのか?しかし、犬が量的な判定をおこなうと思われる例はある。

ふたりの男がパックという名のゴールデン・レトリーパーを連れて鴨猟に出かけたときのこと。その午後、猟師たちは家に帰ろうと車に戻ったが、ふたりとも猟場に帽子を置き忘れてきたのを思い出した。野球帽とカウボーイハットのふたつの帽子は、並んで置かれていた。そこで自分たちで取りに戻る代わりに、パックの主人は帽子を取ってこいと犬に命令した。ふたりが見ていると、犬は最初にカウボーィハットをくわえ、次に野球帽をくわえようとした。

小さい帽子を入れた大きい帽子をくわえると

うまくいかないため大きい帽子を落とし、今度は最初に野球帽をくわえてみたが、やはりふたつを同時にくわえることはできなかった。彼は小さい帽子を入れた大きい帽子をくわえると、楽しげに尻尾を振りながら、待っている男たちのもとへふたつとも持ち帰った。犬は帽子を落として、しばらくふたつの物体を見くらべていたが、やがてパックは野球帽をくわえてカウボーィハットの中に落とした。

そして小さいほうの帽子が犬きい帽子の中に確実に入るょうに前足を使って押し込んだ。犬は小さな帽子を犬きな帽子の中に入れ、その逆はおこなわなかった。大きさに関するなんらかの思考が働いたことがわかる。明らかにこの犬は論理的な問題解決をおこなったのである。しかも、この解決には量的な判断と相互関係的な判断が要求される。犬はこのように判断する以上に、実際に数を数えているのではないかと思えることまである。

-ペット

執筆者:

関連記事

no image

犬が歯をむき出しにしてうなりだしたら危険

見知らぬ人の訪問や、ほかの動物と出会ったときなどに、犬は怒る(威藤する)ことがあります。それは、自分の身の危険を感じたり、テリトリーが侵されそうだと思うからです。この場合、いつでも攻撃できるように身を …

no image

何故社会的技能や対応力が知能と呼ばれる能力に数えられるのか

なぜ社会的能力や対応力が知能と呼ばれる能力のひとつに数えられるのかという疑問が湧くかもしれない。それに答えるには、意識の問題までさかのぼる必要がある。自分と同種のほかの個体と交わり、その行動を予測し、 …

no image

カリフォルニアキングスネークに飲みこまれかける

ガラガラ蛇が、巨大なカリフォルニアキングスネークに飲みこまれかけているのに気づいてぎょっとしたある飼育員のお話。動物園の飼育係マーク・オシェイは、猛毒のヒシモンガラガラ蛇の喉に五時間半息を吹きこみつづ …

no image

子猫と実験-簡単なやり方である理由を解明する

対照試験のため、ラリーが実験用の部屋にいて、一定時間0BEをおこなわなかったことが八度あったのですが、子猫はその間に三十七回鳴きました、と語るある博士。ラリーの霊が部屋に入ってきて、ラリーを安心させて …

no image

犬に命令する言葉の種類色々

犬に対する、あるトレーナーの指示の言葉を紹介しよう。 ・「うしろへ」 車の中でのみ使われる。この言葉で犬は前の席からうしろの席へ移る。いったんしつけられると、この言葉で犬は排尿や排便の場所を探し始める …