雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

ペット

犬の能力を調べるあるテスト

投稿日:

ある専門家が考えた、犬の順応的知能のテストというものがある。テストでは重い本を数冊、あるいは板とレンガ数個が、テストでは犬きなボール紙が必要になる。テストでは大きなバスタオルが、テストでは小さなハンドタオルが使われる。テストには空き缶が必要である。さらにちょっとした食べ物を用意しておく。テストを有効なものとするために、条件がある。テストをおこなう人が犬と最低三カ月は一緒に住んでいることー実際の主人か、家族の一員。

さもないとテストは無効になる。成熟の早い犬(とくに犬型犬)の場合は、生後九カ月から一〇カ月でも可能だが、急ぐことはない。犬は最低生後一年は経っていること。能力が頂点に達する前にテストをおこなって、犬が若すぎたというだけで点が低くなってしまっては気の毒だ。C10の分析は、初回のテスト結果にもとづいておこなうこと。犬が同一の場所に最低一〇週間は住んでいることが望ましい。

いくつかのテストでは

もし犬が命令に従ってきちんと座ったり静かにできない場合は、いくつかのテストでは誰かに助手を頼み、実験者がテストをおこなうあいだ犬を押さえていてもらうほうがいいだろう。犬がとくに好きなものを選び、問題解決の意欲をそそるようにしたい。結果を良くしようと二回以上おこなってはいけない。ただし、テストの中には犬の行動に現れる変化を観察するのが面白かったり、遊びとしても楽しいものがある。

テストのあいだは何が起こっても(結果が期待以上でも、以下でも)、実験者は平静を保たなければいけない。テストのあと、課題のいくつかをただの遊びとしてときどき実行していると報告してくれた人たちもいるという。犬を叱ったり、声を荒らげたり、嫌な顔をしたり、興奮しすぎたりしないこと。どのテストもちよっとしたゲームと考え、犬にもそのように思わせること。テストの中には犬を励まして実行させねばならないものも、こちらは黙って静かにすべきものも、犬に理解させるために犬げさな身ぶりを必要とするものもあるという。

-ペット

執筆者:

関連記事

no image

デカルトが掲げた哲学命題

デカルトは明らかに日常生活の中では、犬に意識を想定している。便宜からばかりではなく、おそらくそうせざるをえなかったのであろう。記録によれば、デカルトはムッシュー・グラという名の犬を飼っていた。ひどく甘 …

no image

ヨークシャテリアの特徴と勇敢さ

テリア種を扱っているスコットランドの繁殖家は、テリアに望まれる特徴として被毛と勇敢さを挙げた。硬い針金状の剛毛が、岩場をすりぬけ、キツネやアナグマの巣穴へ跳び込む犬の皮膚を守っている。また追いつめられ …

no image

行き交う旅のおかげで多種多様な家犬が作り出された

地球上を行き交う交易や旅のおかげで、多種多様な家犬が作り出され、互いに混じり合った遺伝子からいえば、たぶんオオカミ・ジャッカル・コヨーテ・ディンゴ・キッネ犬とでも名づけられるものができあがった。人間は …

no image

子犬は暮らしの中にあふれる危険を回避することはできません

子犬は暮らしの中にあふれる危険を回避することはできません。飼い主の不注意による、散歩中や室内での事故やけがなどは少なくないので、飼い主は常に安全管理をかなり心がける必要があります。また、体重や体温のチ …

no image

コンパニオンアニマルとしてのペット

人間が飼育する動物はいままで、人間の生活に役立てるための家畜や娯楽のための愛玩動物でした。例えば、牛や馬は家畜として、犬は番犬、猫はネズミ駆除、鳥や鯉はかわいがって楽しむためにというように。ところが近 …