雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

ペット

犬の能力を調べるあるテスト

投稿日:

ある専門家が考えた、犬の順応的知能のテストというものがある。テストでは重い本を数冊、あるいは板とレンガ数個が、テストでは犬きなボール紙が必要になる。テストでは大きなバスタオルが、テストでは小さなハンドタオルが使われる。テストには空き缶が必要である。さらにちょっとした食べ物を用意しておく。テストを有効なものとするために、条件がある。テストをおこなう人が犬と最低三カ月は一緒に住んでいることー実際の主人か、家族の一員。

さもないとテストは無効になる。成熟の早い犬(とくに犬型犬)の場合は、生後九カ月から一〇カ月でも可能だが、急ぐことはない。犬は最低生後一年は経っていること。能力が頂点に達する前にテストをおこなって、犬が若すぎたというだけで点が低くなってしまっては気の毒だ。C10の分析は、初回のテスト結果にもとづいておこなうこと。犬が同一の場所に最低一〇週間は住んでいることが望ましい。

いくつかのテストでは

もし犬が命令に従ってきちんと座ったり静かにできない場合は、いくつかのテストでは誰かに助手を頼み、実験者がテストをおこなうあいだ犬を押さえていてもらうほうがいいだろう。犬がとくに好きなものを選び、問題解決の意欲をそそるようにしたい。結果を良くしようと二回以上おこなってはいけない。ただし、テストの中には犬の行動に現れる変化を観察するのが面白かったり、遊びとしても楽しいものがある。

テストのあいだは何が起こっても(結果が期待以上でも、以下でも)、実験者は平静を保たなければいけない。テストのあと、課題のいくつかをただの遊びとしてときどき実行していると報告してくれた人たちもいるという。犬を叱ったり、声を荒らげたり、嫌な顔をしたり、興奮しすぎたりしないこと。どのテストもちよっとしたゲームと考え、犬にもそのように思わせること。テストの中には犬を励まして実行させねばならないものも、こちらは黙って静かにすべきものも、犬に理解させるために犬げさな身ぶりを必要とするものもあるという。

-ペット

執筆者:

関連記事

no image

犬に座り込む動作をさせた学習行程を調べるテスト

実際の学習行程を調べるある専門家のテストがある。あなたの右足を一歩前に踏み出し、引き綱を犬の顔の前へ水平に引いて、犬が立ち上がって一歩ほど前へ進むように仕向ける。続いて右足をもとに戻し、引き綱を引いて …

no image

牧畜犬の犬種の群れを追いたて一定の場所に送り込む能力

ある人のケアーン・テリアは、九歳のときに初めて田舎で暮らすことになった。ある午後、テリアがフクロネズミを獲る姿を見て私はいささか驚いた。彼はネズミの首ねっこをくわえ、激しく一度振り回し、あっという間に …

no image

ハムスターのダイエットにおすすめの方法

大切なドワハムを病気にしないためにも、1日も早いダイエットが必要です。人間と同じように、太ったハムは病気になりやすい。皮膚病、肝臓病、心臓病、糖尿病などが代表的な病気。お腹&胸は脂肪がつきやす …

no image

犬と人間の昔からの関係

犬の知恵はその血と骨の中にたくわえられている。人間の知恵は客体化される。博物館や図書館に、そして学者の頭の中に知識としてたくわえられる。人間の子どもはみな、世界を新たに学びとらねばならない。子犬はみな …

no image

コーギーは手入れが簡単だが抜け毛は多い

犬を飼えば毎日の食費や、万一のときの医療費なども、決して安くはありません。飼いはじめたものの、毎日の世話が面倒くさくなったから飼育を放棄するということが決してないようしなければなりません。 短毛のコー …