雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

ペット

犬の脳波では生後五週間までは子犬の脳はまだ機能的に未熟

投稿日:

脳波測定でも、生後五週間までは子犬の脳はまだ機能的に未熟である。しかし七週間ぐらいで、子犬の脳波パターンは成犬とほぼ変わらなくなる。犬も人間も同じように年齢に応じて知能が変化する。人間では顕在知能は幼児期から青年中期のあいだに急速に高まり、十代後半で頂点に達すると思われる。この年齢に達した犬は、その脳の回路に流動性知能が完成され、新しいことを学ぶ能力が完全にそなわったと考えられる。

しかし、実際にはそうともいえないのである。犬の顕在知能は三歳から四歳ぐらいまで増加する。その後、流動性知能は低下していく。年をとった犬では生理的な変化が目立ち始める。計測によると一五歳から二五歳までのあいだに、わずかな変化が見られるだけである。しかし個人が実際に学習したものを基礎とする結晶性知能のほうは、四〇歳ぐらいでやっと頂点を迎える。人によってはこの面の知能が生涯上昇し続ける場合もある。同じパターンが、それぞれの期間が短くなるだけで犬にもあてはまる。

脳の質量の低下

脳の質量の低下は、脳細胞間の連動作用が失われることと関係が深い。神経の連絡がとぎれがちになると、情報が神経組織の各部にゆきわたる速度が低下する。四歳のラブラドール・レトリーパーが目や耳からの情報を脳に伝達する速度は時速三六〇キロ。それが一二歳になると時速八〇キロぐらいに低下する。四歳から五歳になると、脳の重量と犬きさは年に二五%の割合で減少し始める。

一二歳のラブラドール・レトリーパーの脳の重さは、四歳のときにくらべて二五%少ないことになる。そのほかにも変化は起こる。酸素の新陳代謝率も減退する。心臓から押し出される血の約二〇%を占める脳への血行も低下する。感覚系統にも変化が現れる。聴力は弱まる。とくに高い周波数が聞こえにくくなる。脳は神経細胞の活動に酸素を必要とする。その消費量は筋肉に次いで多い。牧羊犬などの犬種では聴力が完全に失われることもある。

-ペット

執筆者:

関連記事

no image

飼い主とペットの絆とある夫婦

新婚ほやほやのジョセフィンとスチュアートのマクスキミング夫妻は、雌犬が喧嘩をするからという理由で、六十五キロ離れたそれぞれの家で暮らすことに決めた。ペットと飼い主を結びつけている神秘的なきずなを探究す …

no image

犬は人間のように表情豊かではないが重要なものがある

犬は人間の唇のように豊かな表情は出せない。しかし基本的にいくつか重要なものがある。唇がまくれあがり、歯が全部むき出るだけでなく、前歯の上の歯くきまで見え、鼻の上にしわが寄る。引っ込め、さもないと覚悟し …

no image

犬には意識が欠けているという見方

デカルトの、犬には意識が欠けているという見方は、行動主義者が研究室から一歩外に出れば、ぬぐい去られてしまうのではなかろうか。犬を飼っている行動主義の生物学者、心理学者のほとんど全員が、自分の愛犬に対し …

no image

馬が計算を解いた-賢いハンスの話

馬が計算を解いた。賢いハンスの話だ。最初は飼い主がなにかトリックを使っているのだろうと考えられた。しかし、ハンスの知らない人間が問題を与え、飼い主が姿を隠していても、彼は同じように簡単に、また正確に問 …

no image

ハムスターを飼う場合は日照時間に注意する

・昼夜のメリハリが肝心 意外と見過ごされがちなのが、ドワハムと日照時間の関係。ハムにとって理想的なのは12~14時間明るく10~12時間暗いという環境です。ケージの置き場所を工夫(夜は電灯の明かりが届 …