雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

ペット

犬と人間の違いはある種の知的能力を所有する程度の差

投稿日:

人間も犬もともに感情をもつが、人間のほうがより複雑である。人間も犬もともに学習し、記憶し、問題を解決し、経験から学ぶことができるが、人間のほうがそのいずれにおいてもまさっている、という。犬の知能に関するダーウィンの見解に先行して、アリストテレスは、犬と人間のちがいは、ある種の知的能力を所有する程度の差にのみあるとしていた。アリストテレスの理論は強い影響力をもち、多くの犬哲学者たちが彼の説を支持した。聖トマス・アクイナスもそのひとりであった。

この時代以降の哲学者たちが、知能と意識の力を、我々が魂と呼ぶ精神的実在の表象としてのみ捉えるようになった。一三世紀に、アクイナスは教会の公式の教義として人間と動物の差は量(知的能力を発揮できる程度の差)にのみ存在し、質(その思考形態のありかた)にはないという説を打ちたてた。しかし、そこからある種の混乱も生じた。動物の知能に関する問題に宗教がからんだのは不幸な成りゆきだった。

魂をもつと認めることを意味した

それによって犬の心理、そしてとりわけ犬の知能に関する科学的考察が、いくぶんゆがめられることにもなったのである。キリスト教の神学者たちにとって、犬(およびその他の動物)が知能をもつと認めれば、すなわち彼らも魂をもつと認めることを意味した。このような結論は当時の多くの神学者や知識人には、まさに受け入れがたいものだった。また、犬と宗教との関わりもある。犬の知能や精神的能力について実際に書かれているものはほとんどないが、さまざまな物語の中にこの問題に対する姿勢が暗示されている。

宗教では多くの場合、犬が善悪の象徴として、あるいは救い手や伴侶や守り手として扱われている。宗教の中には犬一般について触れているものも多い。しかし、ユダヤ教と天へブライ人は犬をすべてきわめて不浄なものと考えていた。これはふだん身近に見かける犬ーすなわち野良犬が、腐ったものをあさっていたためだった。町を囲む壁の外に住んでいた野良犬は、残飯やくずを食料とし、人間の死体まで食べることがあったからだという。

-ペット

執筆者:

関連記事

no image

ハムスターを慣らすには?

・慣らすときの注意点 なによりも落下事故に注意して、ドワハムをあまり高く持ち上げないように気をつけます。最初はちょっと緊張していますが、やがて手の上でくんくん匂いを嗅ぎ出すはず。両手でドワハムをすくう …

no image

犬の言語理解能力はかなり高いらしい

人間以外の動物の言語能力を査定するには、幼児の言葉に置き換えてみるのがいちばんではなかろうか。子どもの場合は、たとえ数語しかしゃべれず身ぶりで代用しても、彼らの言語能力に疑いをはさむ者はなく、すでに気 …

no image

ペット用品店-ビジネスの代表的な業態

ペットに関わるビジネスの代表的な業態がペットショップです。ペット生体、ペットフード、ペット用品の三大商品をワンストップサービスで提供する店、さらにはペットサロン、ペットホテルなどのサービス施設を併設し …

no image

犬の尻尾の動きが表す多くの感情

犬は尻尾の動きなどで、様々な感情を表す。例えば、ほんの少し尾を振る場合、これはふつうは挨拶を表し、こんにちはという意味である。人間の主人に対しては、私のほうを見てますね、私を好きなんですね?という意味 …

no image

犬の被毛の種類は色々

オオカミ、ジャッカル、野生犬はだいたい同じ被毛を持っており、彼らが住んでいる土地の気候が寒いか暖かいかに応じて毛の長さや密度が異なる程度である。それに対し、犬たちの被毛は意図的に改良され、多種多彩にな …