雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

ペット

犬は人間のように表情豊かではないが重要なものがある

投稿日:

犬は人間の唇のように豊かな表情は出せない。しかし基本的にいくつか重要なものがある。唇がまくれあがり、歯が全部むき出るだけでなく、前歯の上の歯くきまで見え、鼻の上にしわが寄る。引っ込め、さもないと覚悟しろ!これは犬が猛烈な攻撃に出る態勢を整えたことを示す、最高の威臓表情である。怒りの度合いが激しいので、相手が動くと追跡即攻撃の反応を誘発してしまう。このような表情の犬に出合ったら、背を向けて逃げてはいけない。代わりに視線をわずかに落とし(やや服従を示す目つき)、口を少し開き(わずかな反撃を示す)、ゆっくりあとずさりしたほうがいい。

唇がまくれあがって歯の一部がのぞけるが、口はまだ閉じぎみである、うるさいぞ!これは威臓やおどしの最初の合図である。唇がまくれあがって歯がほとんどむき出し、鼻の上にしわが寄り、口が半分開いているそっちがなにかしかけてきたら、攻撃と受けとめて、嚙みついてやるぞ。この段階の犬をさらに掘ると、激しい攻撃を誘発することになる。これは威勝の第一段階だが、恐怖を表す場合もある。

あくびや威嚇

あくび。これは犬が出すシグナルの中でも最も誤解されやすいひとつである。人間はこれを疲労や退屈の表れと解釈しがちだが、実際にはストレスと結びついており、いま、緊張して、不安で、いらいらした気分だというほうに近い。

威嚇表情では、必ず唇がまくれあがって口が開くために、口角が前方につき出るような印象を与える。この表情で、口角が後方に引かれて下がりぎみになると、犬の攻撃表現の中に恐怖の要素が混じっていることが示される。犬はそれでも攻撃に出るであろうが、激しい攻撃にあって逃げ去る場合もある。口角が後方に引かれる場合は、強い威麻ではなく怖いな。でも、いざとなれば戦うぞという意味になる。

口がゆるんで軽く開き、舌がわずかにのぞいたり、下の歯より少し外に垂れたりするこれは人間の笑顔と同じで、ああ、幸せでのびのびするという意味である。

-ペット

執筆者:

関連記事

no image

行き交う旅のおかげで多種多様な家犬が作り出された

地球上を行き交う交易や旅のおかげで、多種多様な家犬が作り出され、互いに混じり合った遺伝子からいえば、たぶんオオカミ・ジャッカル・コヨーテ・ディンゴ・キッネ犬とでも名づけられるものができあがった。人間は …

no image

生後一年以上経った犬はしつけが難しい

ブルドッグのある飼い主は、服従訓練の初級クラスを受けて、犬との生活が一変したと語っている。受講する前は、この犬にとって私たちなどいないも同然のようでした、語るある飼い主。鈍い犬種では基本的なしつけとし …

no image

近所の猫が遊びに来る

クラリッサという人物と猫のお話。 猫は、夫妻が泊まっている家からさほど離れていないコンドミニアムにいるカップルのペットだった。ある日、クラリッサが主寝室で休んでいると、近所の猫が開いた窓から飛びこんで …

no image

犬とのスキンシップの効果など

コーギーの集中力やあきらめない精神力、タフな体力や足の速さ、機敏な動きなどは、祖先の血を受け継いだもの。また、飼い主に忠実で、家族を守ろうとする気持ちが強いことも特徴のひとつ。群れを守ろうとする本能が …

no image

犬の訓練に関する本について

犬の訓練に関する本。本の中では犬種による差について触れていなくても、講演会やふだんの会話では、犬種によって知能程度に差があることを認める発言が飛び出す場合もある。動物訓練が専門で、動物行動学に精通した …