雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

ペット

犬が年齢を超えるためには

投稿日:

年齢を超越した犬を作りあげる方法は、早期の学習とくり返しの練習である。年をとった犬の行動は、人間の老人とよく似ている。指導官パーバラ・マークリーは、ノエルという名の素晴らしいシェットランド・シープドッグの老犬を持っていた。一三歳のノエルは服従訓練競技老犬の部で見事な演技を示し、ふたたび競技会のリングに戻れたのがとてもうれしそうだった。バーバラのこの先見の明によって、人間に換算すれば九〇歳という年齢で、ノエルはピンクの花飾りを優雅にくわえ、意気揚々とリングを引きあげた。

バーバラは声による号令と並行して教えこんだ手の合図だけで犬を動かした。ノエルを知らない観客たちには、彼女が一年以上前から完全に耳が聞こえないとは想像もつかなかった。復習も老犬には有効である。犬は一度規則的な日常の活動パターンを確立してしまうと、老後もそのパターンを守り続ける。ふだんの生活の中で単純なくり返し練習や作業をおこなうと、犬は平穏無事な日常に上手に適応し続け、安心感と居心地の良さを感じるだろう。

行動が子どものようになる

若い頃のことはよく覚えていて、行動が子どものようになる。というわけで、基本的な命令を早い時期に教えられた犬は、年をとって動作は遅くなっても、きちんと反応し続けることができる。といっても変化は起こる。たとえば、あるゴールデン・レトリーバーは、ずっと引き綱なしで主人と並んで歩いていた。ところが年をとってからは、最初につけ(脚側)を教えられたときのように、引き綱をつけたほうがずっと安心し落ち着いて歩けるようだった。

老犬もあなたが育てあげた子犬に変わりはない。献身の気持ちは裸せることなく、ただ体力は弱まり、衰退のきざしがいくつか見えるだけ。年をとってからでも犬は学習できる。ただし時間と忍耐はよけい必要になる。犬と良い関係を確立していれば、どんな年齢になっても、先に知能の低い犬についてご紹介したテクニックを使って訓練が可能になる。

-ペット

執筆者:

関連記事

no image

子犬は暮らしの中にあふれる危険を回避することはできません

子犬は暮らしの中にあふれる危険を回避することはできません。飼い主の不注意による、散歩中や室内での事故やけがなどは少なくないので、飼い主は常に安全管理をかなり心がける必要があります。また、体重や体温のチ …

no image

嗅覚獣猟犬の種類は匂いに敏感

ビーグル、ブラッドハウンド、パセット・ハウンドなどの嗅覚獣猟犬(セント・ハウンド)は、視覚的な刺激にはあまり反応しないが、匂いには敏感である。とくに家畜、野生動物、ほかの大の匂いには気をとられやすい。 …

no image

ペットシッターの仕事は誰でもできる簡単な内容のものではない

ペットシッターの仕事は、ペットへの餌やり、散歩(犬の場合)、排池物処理の三つが基本です。誰でもできる簡単な仕事に思えますが、実際には生態学や健康管理学などペット飼育に関する専門知識が必要で、しかも飼い …

no image

ガードナーの多重知能論に見る特性

知的な行動と愚かな行動の現れ方はその人物の特殊知能に左右される。偉大な理論物理学者が切れたヒューズをつなげない、最高に優秀な化学者が簡単なケーキの焼き方も理解できない、有名な将軍が自分の子どものしつけ …

no image

ペットショップのこれまでの長い歴史

ペットショップのこれまでの長い歴史。 ペットショップの老舗のなかには、いまでも〇〇鳥獣店の看板を掲げている店があり、日本のペットショップの長い歴史を偲ばせています。時代が下がって大正時代になると熱帯魚 …