雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

ペット

犬が年齢を超えるためには

投稿日:

年齢を超越した犬を作りあげる方法は、早期の学習とくり返しの練習である。年をとった犬の行動は、人間の老人とよく似ている。指導官パーバラ・マークリーは、ノエルという名の素晴らしいシェットランド・シープドッグの老犬を持っていた。一三歳のノエルは服従訓練競技老犬の部で見事な演技を示し、ふたたび競技会のリングに戻れたのがとてもうれしそうだった。バーバラのこの先見の明によって、人間に換算すれば九〇歳という年齢で、ノエルはピンクの花飾りを優雅にくわえ、意気揚々とリングを引きあげた。

バーバラは声による号令と並行して教えこんだ手の合図だけで犬を動かした。ノエルを知らない観客たちには、彼女が一年以上前から完全に耳が聞こえないとは想像もつかなかった。復習も老犬には有効である。犬は一度規則的な日常の活動パターンを確立してしまうと、老後もそのパターンを守り続ける。ふだんの生活の中で単純なくり返し練習や作業をおこなうと、犬は平穏無事な日常に上手に適応し続け、安心感と居心地の良さを感じるだろう。

行動が子どものようになる

若い頃のことはよく覚えていて、行動が子どものようになる。というわけで、基本的な命令を早い時期に教えられた犬は、年をとって動作は遅くなっても、きちんと反応し続けることができる。といっても変化は起こる。たとえば、あるゴールデン・レトリーバーは、ずっと引き綱なしで主人と並んで歩いていた。ところが年をとってからは、最初につけ(脚側)を教えられたときのように、引き綱をつけたほうがずっと安心し落ち着いて歩けるようだった。

老犬もあなたが育てあげた子犬に変わりはない。献身の気持ちは裸せることなく、ただ体力は弱まり、衰退のきざしがいくつか見えるだけ。年をとってからでも犬は学習できる。ただし時間と忍耐はよけい必要になる。犬と良い関係を確立していれば、どんな年齢になっても、先に知能の低い犬についてご紹介したテクニックを使って訓練が可能になる。

-ペット

執筆者:

関連記事

no image

犬が飼い主を助ける話

犬が飼い主を助ける話。 ある日曜日の夜、週末のスキー旅行からもどったシュワーズルは、修理工場で自分の車を整備することにした。カリフォルニア州サンホゼに住む自動車整備工ジョゼフ・シュワーズル(五十二歳) …

no image

ペットショップの従業員などの業界の実態

ペットショップの従業員数などの業界の実態はどうなのでしょうか。ペットショップの八九・八%が単独店で、支店展開は一〇・二%しかありません。ペットショップの経営実態を少し掘り下げてみると、経営者以外の従業 …

no image

犬の噛み癖のしつけ

子犬の頃、手などにじゃれて軽くかんでくる(あまがみ)のをうちの子は痛いようにはかまないと放っておいた結果、かみ癖がついてしまうことがよくある。散歩のときなどにかかとや足をかんでくることがある。かむのは …

no image

ジャッカルと犬の間の動物的交雑

ジャッカルと犬のあいだの交雑は、人為的に、自然な形でも頻繁におこなわれてきた。古代エジプト人は、異種交配の試みについて詳細に記録を残している。犬に関する浮き彫りや象形文字や絵画は、紀元前三〇〇〇年にま …

no image

生物知能の一般因子はすべてに適応

英国の心理学者チャールズ・F・スピアマンである。彼の推論は、特定の知能を測定した個別テスト相互の関連性を調べたデータにもとづいている。彼は一九〇四年に客観的に計測および決定可能な一般知能と題する、今や …