雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

ペット

犬猫の祖先はミアキスと呼ばれる小さい動物だった

投稿日:

古代生物学者のほぼ一致した意見によれば、犬の前身はミアキスと呼ばれる、木に棲む不思議な小さい動物であった。この動物はおよそ四〇〇〇万年前に生息していた。ミアキスはミンクぐらいの大きさで、短い脚、長い尾、長い胴、比較的長い首、とがった耳を持っていた。現在までつながる最初の哺乳動物が出現してからまもなくだが、犬型のサルが登場するより、ずっと以前である。

ミアキスはすべてのイヌ科の祖先であるだけでなく、すべてのクマ科、そして奇妙なことにネコ科の祖先にもなっている。進化の枝の中で、犬はキノディクティスと呼ばれる動物へ変わっていった。この動物は、およそ一二〇〇万年前の中新世時代に出現した。キノディクティスは、ミアキスより地上に降りて暮らすことが多く、走るのもうまかった。ある程度伸ばしたり引っこめたりできる爪を持ち、そのため木の上で生活することも、敵から逃れたり狩りをしたりする際に木に登ることもできた。

ここからふたつの枝が分かれた

ここからふたつの枝が分かれた。第一の枝はトマークトゥスで、ここからすべてのイス科が派生した。実証されたところによれば、トマークトゥスは、現在の犬とは解剖学的に細かな部分でちがいがあるのに加えて、知能も劣っていた。トマークトゥスは、一見、現在のイヌ属の一種と見違えそうではあるが。ここで肝心なのは、家犬がこのトマークトウスという共通の祖先をオオカミ、ジャッカル、キッネ、野生犬を含む他のイヌ科と分け合っている点である。第二の枝はキノディスムス。

これらの動物のほとんどは絶滅してしまったが、リカオンならびに現在のアフリカ・ハイエナはその直系だと思われる。ハイエナに近い犬型の動物で、姿はネコに似ていた。現在イス科には少なくとも三九種が数えられる。家犬として四〇〇種以上が、さまざまなケンネル・クラブに登録されている。家犬はすべてカニス属の仲間で、その種類はまさに多種多様である。

-ペット

執筆者:

関連記事

no image

ペットフードの過去の消費動向

ペットフードの過去の消費動向として、次のようなことが言えました。 ・その他のペットフード:鳥用フード、観賞魚用フードは増加しているが、過去数年間増加傾向の続いていたウサギ、ハムスターなどの小動物用フー …

no image

動物好きでかわいいと思っていたペットを失ったときの悲しみより

スタビーの飼い主、十三歳のデラ・ショウが生まれつき脚と口が不自由だったという事実とあいまって、犬の帰還はとりわけ胸を打った。国際通信社は、インディアナとイリノイの州境からコロラド州コロラドスプリングス …

no image

飼い主とペットの絆、共生の理念に立ち

ペット共生社会の理念に立ち、「飼い主とペット」と「ペット嫌いの来訪者および近隣住民」との共生をめざして開発、二〇〇〇年秋に発売した戸建て住宅があります。この住宅は、ペット飼育世帯と非飼育世帯の両方を対 …

no image

ハムスターは回し車で運動不足を解消してあげよう

ドワハムは野生の状態では1日に数キロも動き回る活発なハムスター。そんなドワハムを、野原に比べると異常に狭いケージで飼っていると、運動不足からすぐ肥満ハムになってしまいます。ケージのハウスは、通気性や保 …

no image

デカルトが掲げた哲学命題

デカルトは明らかに日常生活の中では、犬に意識を想定している。便宜からばかりではなく、おそらくそうせざるをえなかったのであろう。記録によれば、デカルトはムッシュー・グラという名の犬を飼っていた。ひどく甘 …