雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

ペット

犬の群れのリーダーと部下のそれぞれ特徴的な行動

投稿日:

群れのリーダーと部下にはそれぞれ特徴的な行動がある。リーダーはどんな食べ物でも第一優先権があり、好きな場所で寝ることができ、いかなる出入り口も最初に通過し、新しいテリトリーへ最初に足を踏み入れ、望んだときは即座に仲間の注意を引きつけられる。犬が気に入った場所で寝そべっているのを見たら、ときどきわざとそこを移動させる。失礼と声をかけ、シッシッと言って犬を少し脇へどかせる。

何度かくり返すと、失礼はどけという意味だと犬が解釈するようになる。群れのリーダーとして、犬が主人より前にドアから飛び出したり、門をくぐったりするのを許してはいけない。ときには犬からものや食べ物を取りあげてみる(これは攻撃性が少なく、言うことも聞かせやすい子犬のときから始めるのが最良である)。犬が進んでそれに従うようになったらほめてやり、犬が望めばもとの場所に戻らせる。

注意を引こうとするのを許してはいけない

犬が地面を掻いたり、吠えたり、前足で人間を播いたりして、わがままに注意を引こうとするのを許してはいけない。取りあげたら、反抗しなかったのをほめて犬にものを返し、食べ物にはおまけもつけてあげる。犬を良くしつけるための第一歩は、自分の名前を覚えさせることである。先の訓練の中でくり返し犬の名前を呼んだほうが良いのも、そのためなのだ。実際、犬をなでる、餌を与える、挨拶するなど、なんらかの形で犬とふれあうときはいつでも、まずは犬の名前を呼んでやっていただきたい。

注意力と服従の訓練次の訓練は、犬の優位行動を橋正するためのものである。くれも犬の注意を人間に向けさせ、人間による統制を受け入れさせるのに役立つ。犬は名前を呼ばれるときまって人間のほうを見るようになる。犬は頭の中で、名前というのはなにかしら自分に関わることを呼び起こすもの、と理解するようになる。ときには、犬の首筋や首筋の皮をつかんで優しくこちらに引き寄せてみよう。小型の犬の場合は、一五秒から二〇秒ばかり持ちあげるだけでも良い。

-ペット

執筆者:

関連記事

no image

犬がボールなどを持ってくるか調べるテスト

犬がものを持ち帰るテストというものがある。このテストでは、テスト者は膝をつき、子犬をうしろ向きにしてテスト者の膝前あたりに置く。紙を丸めてボール状にしたもの(テニスボールよりやや小さめぐらい)を犬の前 …

no image

子犬購入時に注意したい点

5月頃は、ノミやタニが活動を開始する時期ですから、まずは犬舎の消毒を行います。抵抗力が弱いので、1匹でも見つけたらすぐに使いはじめましょう。また、つめの手入れも忘れずに行いましょう。 春、秋といった毛 …

no image

犬の尻尾の動きが表す多くの感情

犬は尻尾の動きなどで、様々な感情を表す。例えば、ほんの少し尾を振る場合、これはふつうは挨拶を表し、こんにちはという意味である。人間の主人に対しては、私のほうを見てますね、私を好きなんですね?という意味 …

no image

犬のどこかに知的な可能性が潜んでいる

心理的レベルでラッシーのはたした役割は大きい。私たちはこの犬(そして、そこから敷行されるすべての大)が考え、計画を立て、思いやりをもち、痛みを感じ、悲しみや喜びの感情をもち、複雑な要素を記憶し、仕返し …

no image

ミニチュアプードルのブリーダーが語ったテクニック

ある人が犬の訓練法を習い始めた頃、エマが指導にあたった。彼女はエイプリルという名の素晴らしいミニチュア・プードルを持っていた。エマはいくつかそのテクニックを教えてから、エイプリルを使って集中力の実例を …