雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

ペット

犬の群れのリーダーと部下のそれぞれ特徴的な行動

投稿日:

群れのリーダーと部下にはそれぞれ特徴的な行動がある。リーダーはどんな食べ物でも第一優先権があり、好きな場所で寝ることができ、いかなる出入り口も最初に通過し、新しいテリトリーへ最初に足を踏み入れ、望んだときは即座に仲間の注意を引きつけられる。犬が気に入った場所で寝そべっているのを見たら、ときどきわざとそこを移動させる。失礼と声をかけ、シッシッと言って犬を少し脇へどかせる。

何度かくり返すと、失礼はどけという意味だと犬が解釈するようになる。群れのリーダーとして、犬が主人より前にドアから飛び出したり、門をくぐったりするのを許してはいけない。ときには犬からものや食べ物を取りあげてみる(これは攻撃性が少なく、言うことも聞かせやすい子犬のときから始めるのが最良である)。犬が進んでそれに従うようになったらほめてやり、犬が望めばもとの場所に戻らせる。

注意を引こうとするのを許してはいけない

犬が地面を掻いたり、吠えたり、前足で人間を播いたりして、わがままに注意を引こうとするのを許してはいけない。取りあげたら、反抗しなかったのをほめて犬にものを返し、食べ物にはおまけもつけてあげる。犬を良くしつけるための第一歩は、自分の名前を覚えさせることである。先の訓練の中でくり返し犬の名前を呼んだほうが良いのも、そのためなのだ。実際、犬をなでる、餌を与える、挨拶するなど、なんらかの形で犬とふれあうときはいつでも、まずは犬の名前を呼んでやっていただきたい。

注意力と服従の訓練次の訓練は、犬の優位行動を橋正するためのものである。くれも犬の注意を人間に向けさせ、人間による統制を受け入れさせるのに役立つ。犬は名前を呼ばれるときまって人間のほうを見るようになる。犬は頭の中で、名前というのはなにかしら自分に関わることを呼び起こすもの、と理解するようになる。ときには、犬の首筋や首筋の皮をつかんで優しくこちらに引き寄せてみよう。小型の犬の場合は、一五秒から二〇秒ばかり持ちあげるだけでも良い。

-ペット

執筆者:

関連記事

no image

防犯対策として番犬が重宝された歴史

スコットランドの作家で詩人のサー・ウォルター・スコットは、番犬について非常に信頼すべき筋から忠告を受けたことがあった。初めて法廷に立った頃、ある強盗犯の弁護で勝利を収めた。スコットは最初、父親の法律事 …

no image

犬に命令する言葉の種類色々

犬に対する、あるトレーナーの指示の言葉を紹介しよう。 ・「うしろへ」 車の中でのみ使われる。この言葉で犬は前の席からうしろの席へ移る。いったんしつけられると、この言葉で犬は排尿や排便の場所を探し始める …

no image

飼い主とペットの絆、共生の理念に立ち

ペット共生社会の理念に立ち、「飼い主とペット」と「ペット嫌いの来訪者および近隣住民」との共生をめざして開発、二〇〇〇年秋に発売した戸建て住宅があります。この住宅は、ペット飼育世帯と非飼育世帯の両方を対 …

no image

犬の爪を切る際の注意するポイント

つめを切るときは、肉球を軽く押してつめ全体をむき出しにし、生づめ(内部の神経や血管の通っている部分)を切らないように注意して犬専用のつめ切りで力ットする。深づめをすると出血するので、止血剤を用意してお …

no image

ハムスターの老いの現象

・ドワハムと老い 若いうちからバランスのとれた食事をさせることで、老化現象ガ表れるのを遅らせることができます。ドワハムの寿命は、ゴールデンの2年半から3年よりさらに短、平均で2年から2年半。ということ …