雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

ペット

犬に命令に従う習慣を身につけるきっかけを作る

投稿日:

座れが確実にできるようになったら、犬がほかの命令にも従う習慣を身につけるきっかけに使うことができる。犬の名前を呼んでから座れを命令し、片手を子犬の頭のややうしろに持ってゆく。犬が座ったら、ふたたび少し餌をやってほめる。一〇回ほどくり返して、犬が口頭の命令と手の合図で確実に座るようになったら、手の合図ははぶき、犬がロ頭の命令だけで座れるようにする。習慣をつけるには、なにごともただで与えてはならない。

犬が座れ以外の命令を覚えたら、そのつど命令の中から選んで、犬がほしいものを手に入れる前にまず従わせるようにする。餌を与える前には座れをさせ、なでてやる前に座れ、ドアから出てゆく前にも座れという。大切なのは、犬が飼い主を常に統率者として感じとれることである。つまり、要求された行動が実際に犬にできるという確信がない限り、決して犬になにかを頼んではならない。

それができたらほしいものが手に入る

やりとりの中で犬は、まず主人の命令を実行し、それができたらほしいものが手に入る、ということを学んでゆく。伏せという号令をかける場合も、必ず手を貸して犬に伏せの姿勢をとらせることのできる距離範囲にいないといけない。同様に名前を呼んでこちらに来させる場合も、犬が確実に反応するようになるまで、引き綱をつけて練習する。訓練された犬なら、たいていなんでも主人の命令をこなせるだろう。

しかし、その段階に到達しない限り、飼い主を含むどんな人も無理な要求をしてはならない。即座に反応しなかったときは、魚釣りのリールのようにくいとたぐり寄せる。犬が従ったときは(たとえ無理強いの結果であっても)、いつでもほめて報酬を与えてやってほしい。そのようにして、あなたの命令は、要望でも、お願いでも、交渉開始の合図でもないことを犬に悟らせ、強要されて従わざるをえない指示なのだと理解させるのである。そうすれば、犬も飼い主のために働くとうれしいことが待っていると考えるようになる。

-ペット

執筆者:

関連記事

no image

狩猟犬の訓練に最適な環境とは?

狩猟犬の訓練には、鳥が集まる場所は避けたほうがいい。ひらひらする服装、風にゆれるロング・スカート、スカーフ、タイ、飾りなども避けたい。ある服従訓練競技会で、新顔のアイリッシュ・セターが、リングサイドの …

no image

犬のしつけ「座れ」のやり方

犬のしつけには、タッチングというものがある。タッチングの効用は、定期的に犬の全身に触ることで、その身体の感触を通して、腫れ物や怪我などをすぐに発見できる点である。ある人が飼っているケアーン・テリアは、 …

no image

犬が部屋に来るので困る

はじめから犬の入ってもよい部屋のみで飼育していたなら、習慣で犬は覚え込み、何の無理もなく自然に自分のテリトリー内で生活するようになります。どの部屋も自由に出入りさせてしまうのは、好ましいことではありま …

no image

動物の不思議な世界

一九四九年、チャールズ・B・スミス夫妻は、フロリダ州セントピーターズバーグからカリフォルニア州サンガブリエルへ引っ越すことにした。ヴィンセントとマーガレットのガディス夫妻は、著書『動物たちの不思議な世 …

no image

犬に物の大きさの比較はできるのか?

犬に比較の能力はないのか。大きさの関係となると、犬は通常こうした単位でものを考えることはできないとされている。一八世紀の英国の作家であり評論家で、最初の英語辞典を編纂したサミュエルは、この分野における …