雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

ペット

愛犬はキャンとひと声鳴く

投稿日:

私は犬を叱ることがなかなかできない、とある家族。しばらく僕の部屋に行っていよう。そのうちおさまるよと私は犬に話しかけ、自分の脚を叩いてついてくるように指示した。愛犬が何をしたのかわからないためもあって、私は哀れな犬の近くに行ってその頭をなでた。彼女は私に鼻面をこすりつけ、深々とした茶色の瞳で私を見あげた。ミサイルが空を切って尻に当たり、愛犬はキャンとひと声鳴いた。母は嵐のように部屋を飛び出した。大の粗相の後始末をするのだろう。

そのあいだじゅう、愛犬の血統について文句を並べ、もう先は長くないだろうとぶつぶつ言い続けた。キッチンを通り抜けながら、母が罰を与える武器に使ったキー・ケースを愛犬が大きく迂回して通るのに気づいた。そしてキッチンのドアに近づいたとき、愛犬は立ちどまって気に障るキー・ケースのほうを振り返り、一瞬考えこむように見えた。

私の脇をすり抜けて部屋を出ていった

次の瞬間、彼女は床の真ん中に飛び出すと、革のケースをがぶりとくわえ、私の脇をすり抜けて部屋を出ていった。幼い子どもが愛犬と同じような行為をした場合、その子はキー・ケースが何か苦痛を与える道具であるのを理解したといわれるだろう。さらに、その子はこの武器がふたたび使われるのを予測し、隠してしまえばその可能性が避けられると考えた、とも仮定できるだろう。自分を痛い目に遭わせた品物をそこに置くと、そっと鼻で押して見えないように隠し、満足がゆくとその大きな長椅子のうしろから出てきた。

そして明らかにずっと安心したような身体の動きで、階段の下で待っていた私と合流し、部屋まで上がったこの一連のできごとは珍しくはないかもしれないが、やはりある種の暗示は含まれている。ちらりと振り返ってから、長椅子のうしろにもぐり込んだ。どうしたことかと眺めていると、彼女は居間へと入り、ソファのほうへ向かった。子どもには知能の働きとして、未来を予測する能力、計画性、空想力、理由づけ、自分との関わりの概念、さらには別の個体に状況がどう見えるか、あるいは見えないかを想像する力がそなわっていると判断するだろう。

-ペット

執筆者:

関連記事

no image

知能の低い犬のほうが同じ状況下でもストレスを感じることが少ない

知能の低い犬のほうが、同じ状況下でもストレスを感じることが少ないという実例を目にした、ある専門家がいた。担当している服従訓練の初級クラスで、ある母親とその十代の息子がっがいのブルドッグを訓練していた。 …

no image

ハムスター用ケージの色々な床材を紹介

ハムスターのケージのハウスは、手のしやすさ、経済性などを考慮して選んであげましょう。ハウスの中にはケージと同じように床材を入れてあげましょう。ハウスを設置しない場合は、その分床材を増やしてあげましょう …

no image

愛犬の命を救うために奔流に飛びこむ

愛犬の命を救うために荒れ狂う奔流に飛びこめるだろうか?サミーが浅い放水路で走りまわって遊んでいるとき、近くのサンディア山脈から、先日の嵐による雨水がどっと押し寄せてきた。 ニューメキシコ州アルバカーキ …

no image

犬は言葉を話すことができるのか?

野生の世界では犬もオオカミも群れをなして共同で狩りをおこない、群れの中で互いの地位を尊重し、乳離れはしたが、まだ狩りには幼すぎる子どもたちの面倒をみるなどの義務をはたす。ガードナーの分類した知能では、 …

no image

どうすれば円滑な相互関係をもつことができるのか?

犬は人間とどうすれば円滑な相互関係をもつことができるのか。ほかの(攻撃性はない)犬を子犬のあいだに混ぜて、ほかの犬との社会的接触の機会を増やし、数の少ない一腹子が社会的に孤立しがちになるのを避ける。ほ …