雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

ペット

愛犬はキャンとひと声鳴く

投稿日:

私は犬を叱ることがなかなかできない、とある家族。しばらく僕の部屋に行っていよう。そのうちおさまるよと私は犬に話しかけ、自分の脚を叩いてついてくるように指示した。愛犬が何をしたのかわからないためもあって、私は哀れな犬の近くに行ってその頭をなでた。彼女は私に鼻面をこすりつけ、深々とした茶色の瞳で私を見あげた。ミサイルが空を切って尻に当たり、愛犬はキャンとひと声鳴いた。母は嵐のように部屋を飛び出した。大の粗相の後始末をするのだろう。

そのあいだじゅう、愛犬の血統について文句を並べ、もう先は長くないだろうとぶつぶつ言い続けた。キッチンを通り抜けながら、母が罰を与える武器に使ったキー・ケースを愛犬が大きく迂回して通るのに気づいた。そしてキッチンのドアに近づいたとき、愛犬は立ちどまって気に障るキー・ケースのほうを振り返り、一瞬考えこむように見えた。

私の脇をすり抜けて部屋を出ていった

次の瞬間、彼女は床の真ん中に飛び出すと、革のケースをがぶりとくわえ、私の脇をすり抜けて部屋を出ていった。幼い子どもが愛犬と同じような行為をした場合、その子はキー・ケースが何か苦痛を与える道具であるのを理解したといわれるだろう。さらに、その子はこの武器がふたたび使われるのを予測し、隠してしまえばその可能性が避けられると考えた、とも仮定できるだろう。自分を痛い目に遭わせた品物をそこに置くと、そっと鼻で押して見えないように隠し、満足がゆくとその大きな長椅子のうしろから出てきた。

そして明らかにずっと安心したような身体の動きで、階段の下で待っていた私と合流し、部屋まで上がったこの一連のできごとは珍しくはないかもしれないが、やはりある種の暗示は含まれている。ちらりと振り返ってから、長椅子のうしろにもぐり込んだ。どうしたことかと眺めていると、彼女は居間へと入り、ソファのほうへ向かった。子どもには知能の働きとして、未来を予測する能力、計画性、空想力、理由づけ、自分との関わりの概念、さらには別の個体に状況がどう見えるか、あるいは見えないかを想像する力がそなわっていると判断するだろう。

-ペット

執筆者:

関連記事

no image

社会的関心度に関わる犬のテスト

社会的関心度に関わるテストでは、犬が人間に関心をもち、進んであとに従い、行動をともにするかどうかが測られる。これによって、犬が社会的もしくは肉体的に服従や追従を強制された場合の反応が測定できる。テスト …

no image

犬は音楽を理解できるのか?

犬は音楽に反応するのか?犬が音楽に反応するのではないかと思わせる例が、いくつかある。犬が歌うという話をよく耳にする。あるとき私は、人間の家族がピアノを囲んでクリスマスキャロルを歌うたびにパセット・ハウ …

no image

ハムスターの臭腺の化膿などに気をつけよう

・ハムの臭腺 臭腺の分泌物は、長鎖のエステルやアルコールの同系列の異成体が主な成分です。ハムの臭腺は、オスのほうがメスよりも発達しています。ドワハムの匂いづけは、歩きながらお腹をこすりつけるようにして …

no image

キャバリアスパニエルは一六世紀からヨーロッパと英国で知られていた

もともと愛玩犬として飼われていた犬の多くは、体格と同時に気質によって選ばれた。スパニエルや、スパニエルの血が流れる犬は、その穏やかな性格で選択されることが多かった。その最高の例がキャバリア・キング・チ …

no image

犬で自信がない場合の特徴

自信に欠けている犬の場合、励ましと報償をたっぷり与えながら優しく訓練してやる必要がある。主人の言葉をすべて理解し、自分を投げ打っても主人を喜ばせようとするだろう。自信をもたせ、家以外でもうまく機能させ …