雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

ペット

犬の行動の特徴-おとなしさ、従順さ、子犬的な依頼心

投稿日:

家犬の行動の特徴には、従順さがある。幼態化のひとつの表れとして、犬の行動は子犬的になる。野生の世界では、若いイス科の動物はまず群れの最も小さく弱いメンバーに戦いを挑み、次第に支配権を奪ってゆく。子犬は、群れの犬人に戦いを挑んで集団の主導権や支配権を奪おうとはしない。人間集団の中で最も小さいメンバーをおびやかす存在になることは望まず、おとなしさ、従順さ、子犬的な依頼心を家犬の中に育んだ。

野生犬の子どもは耳が垂れている場合も多いが、成長するにつれて立ってくる。野育ちの仲間には犬人になっても垂れ耳のものはいない。野生のイス科動物はすべてとがった立ち耳である。もちろんスパニエルやハウンド系の犬半を例として、幼態化された家犬では生涯子犬のように垂れ耳のままの場合も多い。行動面において、家犬は子犬的特徴をもっている。

犬が人間の顔を証めるとき

家犬がよくやるように、犬が人間の顔を証めるとき、彼らは実際には母親の顔を証めてその日から食べ物をもらおうとする子犬の行動を模倣している。つまり愛犬がキスをしてくれるときは、じつは飼い主を親とみなし、おやつをねだっているわけである。家犬はアネオフォビア、つまり見慣れないもの、知らないものや人に対する恐怖心を減少させるように改良された。野生のイヌ科動物はこうした恐怖心を強くもっていて、取り除くことがむずかしい。大型犬種の場合は、野生のイヌ族より活動水準を低いレベルに抑えて改良することが多かった。

家犬の場合、これは望ましくない特徴とされている。グレート・デーン、セント・パーナード、ニューファンドランドなどは、炉端犬とも呼ばれる。それは、彼らが一日じゅう、炉端の敷物の上で静かにうずくまっているのが好きだからである。ネオフォビア傾向のある動物は警戒心が強く、驚きやすくて神経質とみなされ、人見知りするとか臆病とかいわれてしまう。こうした特徴は家犬の遺伝因子から除外されていったのだった。

-ペット

執筆者:

関連記事

no image

犬は言葉を話すことができるのか?

野生の世界では犬もオオカミも群れをなして共同で狩りをおこない、群れの中で互いの地位を尊重し、乳離れはしたが、まだ狩りには幼すぎる子どもたちの面倒をみるなどの義務をはたす。ガードナーの分類した知能では、 …

no image

犬が触られることに対する敏感さを測るテスト

犬が触られることに対する敏感さを測るテストがある。テスト者はまず練習として、一方の手の人さし指をもう片方の手の人さし指と親指でしっかりはさみ、一二まで数えながら徐々にその力を増してゆき、最後には力いっ …

no image

ペット医療など色々と進化したペットショップ

あるペットショップのビジネスモデルは、ペット病院が医療サービスの品質向上に専念できる環境整備の支援と、医療の視点からペット病院と共同で推進できる分野に限ったサービス開発をめざしているところに革新性が見 …

no image

番犬で強い種類はどの犬種か?

優れた防衛犬の条件としては、テリトリー感覚や作業意欲以上に肉体的な攻撃性が要求される。優れた防衛犬であるためには体格の大きさと肉体的な強靭さが、気質と同じぐらい重要な条件になる。ミニチュア・シュナウザ …

no image

犬の出産の準備や産後の飼い主の処置の仕方

犬の出産の準備や産後の飼い主の処置の仕方。 出産にかかる時間は、個体差や子犬の数によって異なります。子犬の数は6〜8匹ぐらいです。なお、冬期は産室の室温を保つように、産箱にペットヒーターなどを入れて保 …