雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

ペット

犬の行動の特徴-おとなしさ、従順さ、子犬的な依頼心

投稿日:

家犬の行動の特徴には、従順さがある。幼態化のひとつの表れとして、犬の行動は子犬的になる。野生の世界では、若いイス科の動物はまず群れの最も小さく弱いメンバーに戦いを挑み、次第に支配権を奪ってゆく。子犬は、群れの犬人に戦いを挑んで集団の主導権や支配権を奪おうとはしない。人間集団の中で最も小さいメンバーをおびやかす存在になることは望まず、おとなしさ、従順さ、子犬的な依頼心を家犬の中に育んだ。

野生犬の子どもは耳が垂れている場合も多いが、成長するにつれて立ってくる。野育ちの仲間には犬人になっても垂れ耳のものはいない。野生のイス科動物はすべてとがった立ち耳である。もちろんスパニエルやハウンド系の犬半を例として、幼態化された家犬では生涯子犬のように垂れ耳のままの場合も多い。行動面において、家犬は子犬的特徴をもっている。

犬が人間の顔を証めるとき

家犬がよくやるように、犬が人間の顔を証めるとき、彼らは実際には母親の顔を証めてその日から食べ物をもらおうとする子犬の行動を模倣している。つまり愛犬がキスをしてくれるときは、じつは飼い主を親とみなし、おやつをねだっているわけである。家犬はアネオフォビア、つまり見慣れないもの、知らないものや人に対する恐怖心を減少させるように改良された。野生のイヌ科動物はこうした恐怖心を強くもっていて、取り除くことがむずかしい。大型犬種の場合は、野生のイヌ族より活動水準を低いレベルに抑えて改良することが多かった。

家犬の場合、これは望ましくない特徴とされている。グレート・デーン、セント・パーナード、ニューファンドランドなどは、炉端犬とも呼ばれる。それは、彼らが一日じゅう、炉端の敷物の上で静かにうずくまっているのが好きだからである。ネオフォビア傾向のある動物は警戒心が強く、驚きやすくて神経質とみなされ、人見知りするとか臆病とかいわれてしまう。こうした特徴は家犬の遺伝因子から除外されていったのだった。

-ペット

執筆者:

関連記事

no image

犬種によって知能に大きな差がある

どんな犬の専門家に訳ねても、犬種によって知能に大きな差があるという。そして、たとえばこれこれの犬種は優れ、これこれの犬種は知能に限界があると熱弁をふるうだろう。そして彼らの評価は作業・服従知能、にもと …

no image

犬のストレス解消法-おもちゃや留守番中の困った行動の予防

犬のストレス解消法には、色々とあります。 犬の留守中の困った行動を予防したり直したりするために、「散歩」や「遊び」など人間にとって望ましい方法で、ストレスを解消させてあげましょう。犬との信頼関係を深め …

no image

ハムスターフードを食べない場合の与え方のポイント

落ち着いた環境が必要なのはドワハムも人も同じ。元気にもらうために、飼い主にできる看護法を紹介します。病気のときの食事はハムスターフードを水でふやかしたものがメイン。この他、野菜、穀類、種子類などをすり …

no image

服従知能の低い犬の傾向

作業・服従知能の程度が最も低く、最もむずかしいと判断された犬種。これらの犬種では基本的な作業を教えるために一〇〇回以上くり返すのは珍しくなく、何度も訓練し直してやっとなんとかこなせるようになる。これら …

no image

犬の聴覚や視覚の低下

一般的にいって、小型の犬は長生きで、老化現象も遅くまで現れない。老化の徴候が現れるのは、体重一〇キロ以内の小型犬では一歳半くらいから、体重一〇~二五キロまでの中型犬では一〇歳ぐらいからである。脳の質量 …