雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

ペット

犬の行動をある程度修正できる可能性は常に残されている

投稿日:

遺伝的に受け継がれた行動パターンがどうあれ、犬の行動をある程度修正できる可能性は常に残されている。ただし本能的知能によって修正しやすいものと、しにくいものとがある。その成功率は犬種とどの点を変えさせたいかによってちがってくる。ビーグル、コッカー・スパニエル、ゴールデン・レトリーバーのように非常に社交的な犬をより社交的にするのは簡単で、犬は大勢の人間と交わり、人間との接触が多くなるのを我慢できるだけでなく、喜びもする。活発な犬種をもっと活発にするほうが、おとなしい犬種を活発にするより簡単である。犬種の本能的な傾向を増加させる方向で変えることは造作なく可能だが、その生来の傾向と逆方向に変えるにはたいへんな苦労が必要になる。

同じことをアフガン・ハウンド、チワワ、チャウ・チャウ、シッパーキーなど孤独を好む犬種でおこなうのははるかに困難で、これらの犬たちの多くは大勢の人間に囲まれたり、知らない人の注目を集めたりすると、いらだったり、おびえたり、さらには攻撃的になったりする。犬種の本能的知能と、遺伝的にプログラムされた行動を引き起こす誘因を知っておけば、その大に最もふさわしい訓練が準備できるだろう。

犬にそなわった本能的知能パターンを見すごすと

犬にそなわった本能的知能パターンを見すごすと、やはり問題が起こる。どんな犬も極端な経験や計画的な訓練によってその傾向が邪魔されない限り、大種独自の遺伝的な基本設計に沿って成長してゆく。遺伝的な行動を誘発する刺激を与えないような環境を用意しておくほうが良い。たとえば視覚獣猟犬(サイト・ハウンド)は、動くものを追いかける。そこでグレハウッド、ウイべット、サルーキ、アフガン・ハウンドを訓練する、あるいは作業させる場合、子どもやほかの犬たちが遊び回る公園などを選ぶとやりにくくなる。

犬の視界に気をとられるものが入らない静かな部屋のほうが好ましい。屋外で訓練しなくてはならないときは、人けの少ない空き地や庭を使う。できるだけ目を引きそうなものは取り除き、犬が訓練者と訓練の内容に注意を集中できるようにする。これらの犬種の視覚的な刺激に対する敏感な反応を逆に利用して、訓練のあいだは声の号令だけでなく大げさな手の合図を使うと効果的である。

-ペット

執筆者:

関連記事

no image

ラブラドールレトリバーのチョコレート色の犬の話

ショットガンの物語をご紹介しよう。ショットガンはチョコレート色の大きなラブラドール・レトリーバーだった。カナダ西部のブリティッシュ・コロンビアの美しい田舎に引っ越してからは、銃猟犬(ガン・ドッグ)を連 …

no image

愛犬はキャンとひと声鳴く

私は犬を叱ることがなかなかできない、とある家族。しばらく僕の部屋に行っていよう。そのうちおさまるよと私は犬に話しかけ、自分の脚を叩いてついてくるように指示した。愛犬が何をしたのかわからないためもあって …

no image

犬の散歩としつけ

飼い主はリーダーシップを発揮する場でもあります。時間やコースは飼い主が決め、主導権をにぎることが犬切です。散歩に行く時間は毎日同じでなくてOK。散歩の時間を決めてしまい、犬に催促されて連れて行くように …

no image

犬が知能レベルが高い場合の起こってしまう迷惑行為

その気なしに利口な犬に好ましくない行動を教えてしまい、その結果が有害になる場合もある。ミニチュア・プードルのアーノルドの例をご紹介しよう。アーノルドの飼い主は独り住まいで、犬をたっぶり可愛がった。しか …

no image

ハムスターを飼う場合は日照時間に注意する

・昼夜のメリハリが肝心 意外と見過ごされがちなのが、ドワハムと日照時間の関係。ハムにとって理想的なのは12~14時間明るく10~12時間暗いという環境です。ケージの置き場所を工夫(夜は電灯の明かりが届 …